相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

不動産に強い弁護士の見分け方や4つの特徴について解説

不動産の相続トラブルに巻き込まれてしまったら、相続人同士で話し合って解決するのは困難なことが多いです。 そうなった場合、不動産に強い弁護士に相談するのをおすすめします。 今回の記事では、不動産に強い弁護士の特徴とどのように弁護士を探せばよいのかについて解説します。 不動産に強い弁護士の特徴は? ここでは、不動産に強い弁護士の特徴について解説します。 不動産相続トラブル案件を多...

不動産の相続トラブルでよくある7つの事例を紹介

相続財産の中に不動産がある場合、相続人の間で平等に分けるのが難しいためトラブルになりがちです。 この記事では、不動産の相続トラブルでよくある7つの事例を紹介し、トラブルを避けるための方法を解説します。 不動産の相続トラブルでよくある7つの事例は? ここでは、不動産の相続トラブルでよくある7つの事例を解説します。 誰が相続するか話し合いがまとまらない 相続不動産を誰が相続するか話し合い...

相続登記義務化がスタート|登記をしないとどうなるか詳細を解説

2024年4月から相続登記義務化がスタートします。 これまでは相続が発生しても、相続登記は任意で行えばよかったのですが、今後、相続登記の義務化にあたってどのような影響があるのか不安な方も多いと思います。 この記事では、相続登記をせずに放置するとどうなるのか、具体例を挙げて解説します。 2024年4月から相続登記義務化がスタート|登記をしないとどうなる? ここでは、相続登記をしなけれ...

不動産相続登記を自分で行う手順を解説|よくある疑問も紹介

不動産を相続した場合、最終的に相続登記の手続きをしなければなりません。 2024年4月から不動産相続登記が義務化されるにあたり、自分で手続きをしたいと考える方がいらっしゃるでしょう。 この記事では、不動産の相続登記を自分で行う方法、そして申請手続きをする際に生じる疑問点について解説します。 不動産相続登記を自分で行う方法 ここでは、不動産の相続登記を自分で行う際の手順について解説し...

相続不動産の調べ方は?手がかりになる書類と方法を解説

相続が発生し、亡くなった人が不動産を所有していたことは知っているものの、不動産の所在が分からないことがあります。 このような場合、相続登記をしたくてもできず、結果的に放置してしまう可能性があります。今回の記事では、相続した不動産を調べるために手がかりになる書類や方法について解説します。 相続財産【不動産】の調べ方|①手がかりになる書類がありそうな場合 ここでは、相続した財産の中に不動産が...

長期間相続登記等がされていないことの通知とは?届いたらすべきことは?

不動産の所有者が亡くなった後、名義変更をせずにそのままにしておくと、法務局から長期間相続登記等がされていないことの通知がくる場合があります。 この記事では、長期間相続登記等がされていないことの通知とは何か、届いた場合にすべきことには何かについて解説します。 長期間相続登記等がされていないことの通知とは何か? 長期間相続登記等がされていないことの通知とは、全国の法務局が、管轄する土地の中か...

相続人申告登記制度が2024年4月からスタート|メリット・デメリットを解説

2024年4月1日から相続人申告登記がスタートします。 この制度は不動産の所有者(亡くなった人)の相続人が、法務局に登記簿上の所有者について相続が開始したことと、自らがその相続人であることの申出をして、登記官が職権で登記する制度です。 この記事では、相続人申告登記制度の概要と手続きの方法について解説します。 相続人申告登記とは? ここでは、相続人申告登記の概要や新設される背景、相続...

配偶者居住権とは何か?メリットとデメリットを解説

2020年4月、民法改正により配偶者居住権が新設されました。 今回の記事では、配偶者居住権ができた背景や内容、そしてメリット・デメリットについて解説します。 配偶者居住権とは? 配偶者居住権とは、亡くなった人の配偶者が終身または一定期間、無償で居住建物に住める権利です。 なぜこのような制度ができたのか、そしてどのような場合に認められるのかについて解説します。 配偶者居住権ができた背景...

内縁の配偶者に配偶者居住権は認められない?居住権を守る方法は?

2020年4月1日にスタートした配偶者居住権は、亡くなった人が所有していた建物に残された配偶者が決められた期間(原則終身)無償で居住できる権利です。 この制度は、内縁関係(事実婚)にあった配偶者に適用されるのでしょうか? 内縁(事実婚)の配偶者にも配偶者居住権は認められる? 内縁(事実婚)の配偶者には配偶者居住権は認められません。 ただし、従来の判例には内縁の配偶者に配偶者短期居住権と...

相続土地国庫帰属制度はどんな制度?利用するメリットは?

2023年4月27日から相続土地国庫帰属制度がスタートしました。土地を相続したものの、遠方に住んでいるので利用しない、維持・管理が大変といった理由で手放したいと考えている人のために国が土地を引き取る制度です。 今回の記事では、相続土地国庫帰属制度の内容についてと制度を利用するメリットについて解説します。 相続土地国庫帰属制度とは? ここでは、相続土地国庫帰属制度について解説します。 相...

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら