相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

相続人調査マニュアル|調査方法・費用・戸籍の読み取り方を徹底解説

相続が開始したら、相続人調査をしなければなりません。 相続人調査とは、相続関係者の戸籍を調べて、亡くなった方(被相続人)の相続人が誰であるのかを確定する手続きです。 相続人調査を怠ると、以下のようなトラブルが生じるおそれがあります。 相続人が漏れていると遺産分割協議が無効となる 必要な戸籍が全て揃っていないと相続登記や金融機関の手続きが進められない 相続が開始した...

相続財産目録とは?作り方・見本・注意点を解説

相続財産目録(そうぞくざいさんもくろく)とは、財産と負債を一覧化したものです。 相続財産目録を作成するメリットは… 相続財産の隠匿が難しくなる 遺産分割をスムーズに進められる 相続トラブルを防止できることがある この記事では、相続財産目録を作成するメリットや作成方法を解説します。 [contactArea] 相続財産目録の見本 相続財産目録は、財産の種類...

相続財産管理人とは?相続財産管理人の権限・選任までの流れを解説

亡くなった方に相続人がいなかったり、相続人全員が相続放棄したりして、財産を管理する相続人がいないケースが存在します。 このような場合、利害関係者や検察官の申立てにより、家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらわなければならない可能性があります。 この記事では、相続財産管理人について、以下のとおり解説します。 相続財産管理人とは 相続財産管理人選任の申立ができる人 ...

遺言書の検認とは? 手続きの流れ・期限などを解説

遺言書の検認は、その後の相続手続きを円滑に進めるために重要な手続きです。 このコラムでは、遺言書の検認の概要と弁護士に依頼するメリットについて解説します。 遺言書の検認とは? 検認(けんにん)とは、遺言を書いた人(遺言者)が死亡し相続が発生したあと、相続人の立ち合いのもとで家庭裁判所が遺言書の存在を確認・記録することをいいます。検認で遺言書の現状が明らかにし、遺言書の偽造・隠ぺい・廃棄を...

相続財産調査が必要な理由と調査方法|遺産の種類別に解説

相続財産調査をしないと、具体的な相続の手続きを進められません。 調査に漏れがあった場合、遺産分割協議がやり直しになることも。 この記事では、相続財産調査について以下の点をご説明します。 相続財産調査が必要な理由 相続財産調査の方法 弁護士に相続財産調査を依頼するメリット 相続財産調査はなぜ必要? 相続財産調査をしないと、相続の手続きを進められません。 ...

相続手続きを自分で進める流れと、弁護士等に相談したほうがいいケース

 相続手続きは自分で進めることもできますので、手続きを進める上で特に問題がなければ、自力で終わらせるのもアリでしょう。 一方、相続人や遺産の調査に抜け漏れがあると、後々思わぬトラブルにもつながりかねません。 この記事では、相続手続きを自分で進める流れについてご説明した上で、どんな場合は弁護士等への相談を検討したほうがいいのかご説明します。 相続手続きを自分でする際の流れ 相続手続き...

相続の弁護士費用の相場は?費用負担者や払えない場合の対処法も解説

相続が発生すると、さまざまな手続きをしなければなりません。相続人が自ら行うには負担となることもあります。 相続に関する手続きを弁護士に依頼すると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。弁護士費用は、誰が支払うのでしょうか? ここでは、相続の弁護士費用について、次のとおり解説します。 相続の弁護士費用(着手金・成功報酬・その他)の相場 相続の弁護士費用は誰が払う? ...

兄弟姉妹がいると、相続はどうなる?

相続が発生したときは、誰が相続人になるのか把握する必要があります。 法律上、亡くなった人(被相続人)の配偶者や子だけではなく、直系尊属や兄弟姉妹も相続人と定められています。 一方で、兄弟姉妹が相続できるケースは限られます。 このコラムでは、各相続人がどのくらい相続できるのかご説明します。   法定相続人・推定相続人・受遺者の違いは? 遺産を相続する人のことを相続人といい...

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら