相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

成年後見人を変更したい!変更できる?変更されるのはどんなとき?

家庭裁判所が選任した成年後見人に不満がある場合や、後見人に選任された親族が後見人を辞めたい場合、成年後見人を変更できるのでしょうか? 成年後見人は、一度選任されると自由に辞任したり、正当な理由なく解任したりできません。 成年後見人の変更は、どのようなときに認められるのでしょうか? この記事では、成年後見人の変更が認められるケースやその理由について解説します。 変更が認められ...

成年後見申立の必要書類|書類の入手先や申立ての手順も徹底解説

成年後見の申立てには、様々な書類の収集・作成が必要です。 各家庭裁判所には、申立ての手引きが用意されているので、専門家に依頼せずとも自分で行えます。しかし、ご自身で調べる範囲ではわからないことがあったり、時間と労力がかかったりして苦労することもあるでしょう。 この記事では、成年後見の申立てに必要な書類やその入手先等をわかりやすく解説します。 家庭裁判所の申立ての手引きの補足資料と...

成年後見はどこに相談すればいい?相談窓口と相談時に伝える事項を紹介

成年後見制度は、認知症や知的障害・精神障害等により判断能力が十分でない方の財産や生活を支援・保護する制度です。 成年後見制度を利用したくても、どこに相談すればよいのか、具体的にどのように相談すればよいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。 この記事では、成年後見の相談窓口や相談の仕方を解説します。 [contactArea] 成年後見の相談窓口6つ ここでは、成年後見の相談...

成年後見人の選任後に後見開始の審判を取り消したり解除したりできる?

成年後見の申立て後は、家庭裁判所の許可を得なければ、取り下げられません。 家庭裁判所が選任した後見人に不満があったり、候補者が後見人に選任されなかったりしたことを理由とした取下げは、原則として認められません。 ただし、後見人に不正な行為、著しい不行跡その他後見の任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所への請求により又は職権で、後見人を解任できることがあります。 被後見人の判断能...

後見制度支援信託|選任から信託契約締結・後見人への引継ぎまでの流れ

高齢者人口や認知症高齢者の増加に伴い、成年後見制度を利用する件数は増加しています。 成年後見人には成年被後見人の財産を管理する権限が与えられるため、過去には、後見人による財産の使い込みが問題になるケースが多発しました。 後見制度支援信託は、親族が成年後見人として適切に職務を行えると見込まれる事案において、不正行為の防止を目的として導入された制度です。 この記事では、後見制度支援信...

遺産分割に関する裁判所の手続きにかかる費用はいくらくらい?

共同相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合や、協議ができないときには、各共同相続人は、家庭裁判所に遺産分割調停または審判を申立てられます。 遺産分割そのものではなく、以下のような遺産分割の前提問題について争いがある場合は、別途民事訴訟により解決を図らなければならないことがあります。 相続人の範囲に争いがある場合 遺産の範囲に争いがある場合 遺言の有効性を争う場合 ...

相続の相談はどこにすればいい?相談内容に応じた相談先を紹介

相続に関する相談は、どこにすればよいのでしょうか? 相続の相談窓口は、相談内容や目的によって異なります。相談内容や課題とマッチしない相談窓口に相談すると、余計な費用や時間がかかることもあります。 この記事では、相続を相談できる専門家や専門家以外の相談先について、次のとおり解説します。 相続を相談できる専門家の種類と相談内容 相続を弁護士に相談するメリット 相続を司...

相続人なのに遺産や遺留分をもらえないことがある?対処法も解説

法定相続人であるにもかかわらず、遺産をもらえないケースがあります。遺産がもらえなくても、法律で認められた最低限の取り分(遺留分)をもらえる可能性があります。 しかし、被相続人の兄弟姉妹には、この遺留分すらもらえないケースもあります。 この記事では、相続人なのに遺産や遺留分がもらえないケースとその対処法について解説します。 [contactArea] 法定相続人なのに遺産をもらえ...

相続財産から控除できる費用とは?

相続財産や相続税には様々な控除制度があり、上手に活用することで相続税額を減らすことが期待できます。 このコラムでは、相続財産から控除できる費用についてご案内します。 [contactArea] 相続財産から控除できる基礎控除とは 基礎控除とは、代襲相続人を含む法定相続人であれば誰でも受けられる相続税の控除制度です。 相続財産の総額が基礎控除の額(3000万円+600万円×法定...

遺言執行者とは?選任方法や遺言執行者の業務の流れを解説

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)を指定・選任していれば、相続人の同意なく必要な手続きを行うことができるため、スムーズに遺言の内容を実現できます。 遺言の内容を実現するためには、法律的な知識が必要な場合があります。 この記事では、遺言執行者について、次のとおり解説します。 遺言執行者とは 遺言執行者の指定・選任 遺言執行者の業務 遺言執行者の報酬 遺言書...

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら