相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

遺産分割未了のうちに相続人が死亡したら遺産分割や相続税はどうなる?

被相続人の死亡後、遺産分割が終わらないうちに相続人が死亡し、次の相続が発生することを数次相続といいます。 数次相続が発生した場合は、新たに亡くなった人の相続人を含めて遺産分割を行わなければなりません。 この記事では、遺産分割未了のうちに相続人が死亡した場合の遺産分割の進め方や相続税の取り扱いについて解説します。 [contactArea] 遺産分割未了のまま相続人が死亡したらど...

相続財産法人|相続人がいない場合の相続手続きをわかりやすく解説

民法951条は、相続人不在の場合の相続財産の取り扱いについて、以下のとおり規定しています。 第九百五十一条 相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は、法人とする。 引用:民法 | e-Gov法令検索 相続財産が法人になるとはどういうことなのでしょうか? 法人化された相続財産は、その後どうなるのでしょうか? この記事では、相続財産法人の概要や相続人がいない場合の相続手続...

遺留分権利者とは|遺留分を有する相続人の範囲をわかりやすく解説

本来、被相続人は自己の財産を自由に処分できるはずですが、無制限に財産処分の自由を認めると、残された相続人の生活に支障が生じる可能性があります。 そこで、民法は一定の範囲の相続人に対して相続財産のうち一定割合の承継を保障しています。この制度を遺留分制度と言い、相続人に留保されている相続財産の一定割合を遺留分と言います。 遺留分が認められる一定の範囲の相続人とは誰なのでしょうか。 遺...

相続に関する審判の種類|遺産相続の審判の流れや費用も解説!

相続に関する審判には、どのような種類があり、誰が申立てられるのでしょうか? 遺産の分け方を決める遺産分割審判は、どのような流れで進むのでしょうか? この記事では、相続に関する審判の種類や遺産分割審判の流れ・費用を解説します。 [contactArea] 相続に関する審判の種類 ここでは、相続に関する主な審判の種類を紹介します。 遺産分割 共同相続人間で、遺産分割についての...

代襲相続について相談できる専門家や公的機関を紹介!

被相続人より先に相続人が死亡している場合は、その子どもが亡くなった相続人に代わって遺産を相続します。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)と言い、亡くなった人の受けるべき相続分を相続する人を代襲相続人といいます。 代襲相続が発生すると、相続人間の関係性が薄く連絡を取りにくかったり意見が合わなかったりして、遺産分割でもめるケースが少なくありません。 代襲相続に関する悩みやトラブルは誰に相談...

遺言執行費用とは?遺言執行者の報酬以外にも費用がかかるの?

遺言執行費用とは、遺言執行者が遺言の内容を実現するために必要な手続きを行う際に生じる費用です。 具体的には、どのような費用が遺言執行費用にあたるのでしょうか? 遺言執行費用は、いつ、誰が支払うのでしょうか? この記事では、遺言執行費用の概要や費用の精算方法等について解説します。 [contactArea] 遺言執行費用とは ここでは、遺言執行費用にはどのような費用が含ま...

遺言執行者になれる人は誰?指定・選任が必要なケースも解説

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)とは、遺言者の死後、遺言の内容を実現するために必要な手続きをする人です。 遺言執行者は相続人の同意なく必要な手続きを行えるため、遺言執行者を指定・選任すればスムーズに遺言の内容を実現できます。 遺言執行には法律の知識が必要になることもありますが、どのような人が遺言執行者になれるのでしょうか? この記事では、遺言執行者になれる人は誰なのか、遺言執行者...

代襲相続はトラブルになりやすい?トラブルの原因と対処法を解説

本来相続人となる人が、被相続人より先に死亡している場合は、亡くなった相続人に代わってその子が相続権を引き継ぎます。これが代襲相続(だいしゅうそうぞく)です。 代襲相続が発生すると、世代の異なる人たちが共同相続人となるため、相続トラブルに発展しやすくなります。 この記事では、代襲相続でトラブルが発生する原因とトラブルを回避する方法について解説します。 [contactArea] ...

数次相続とは|遺産分割協議書の書き方・相続登記・相続税申告の方法

両親が相次いで亡くなるなど、遺産分割が終わらないうちに相続人が死亡して、新たな相続が発生することを数次相続といいます。 数次相続が発生した場合は、新たに亡くなった人の相続人を含めて遺産分割を行わなければなりません。 この記事では、数次相続が発生した場合の遺産分割協議書の書き方や相続登記・相続税申告の方法などについて解説します。 [contactArea] 数次相続とは ここで...

遺産分割は裁判ではなく調停・審判で解決|関連訴訟も詳しく解説

共同相続人間で遺産分割の話し合いがまとまらないとき、または話し合いができないときは、家庭裁判所の手続きを利用して解決を図れます。 裁判所と言うと、訴訟をイメージする方も多いでしょう。しかし、遺産分割の手続きは訴訟以外の方法で進められます。 家庭裁判所における遺産分割の手続きには、どのような種類があるのでしょうか? この記事では、裁判所における遺産分割の手続きの種類や遺産分割に関連...

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら