相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

【解決事例データ/相続】孫として、祖父母の代襲相続をまとめて行う旨の遺産分割協議

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:Aさん・長女(40代)

祖父母が亡くなったが、相続手続が未了。叔母との遺産分割協議をまとめて行いたい。

背 景

依頼者の父はすでに他界しており、その後で父方の祖父、祖母が亡くなりました。
依頼者は、祖父と祖母を「代襲相続」により、亡くなった父に代わって相続することができます。
しかし、叔母も高齢であるため話がなかなか前に進まず、祖父母の双方の遺産分割手続きが未了となってしまっていました。

主 張

祖父母の老後の介護や面倒は、ほとんど叔母がみていました。
そのため、叔母としては、「寄与分」を強く主張していました。
他方で、依頼者は、叔母は祖父母の生前、祖父母から多額の資金援助を受けていたという「特別受益」を主張しました。
寄与分と特別受益が問題になると、なかなか話が前に進まない、ということが多いです。
実際にどれだけ寄与したのか、どの支払いが特別受益と言えるのか、判断が細かく、難しい問題があります。
さらに、祖父、祖母、両方の相続が未了というのも問題です。
これをまとめて話し合いで解決すべく、調停を申し立てることになりました。

解決策

調停は原則として依頼者ご本人も出廷しなければなりませんが、依頼者は遠方に居住していらっしゃいましたので、弁護士だけで調停に出廷し、話を進めました。
寄与分と特別受益とで、相手方である叔母が主張する額だと、依頼者は1000万円しか受け取ることができませんが、こちらの主張では2000万円以上の受け取りが可能です。さらに不動産の評価次第では3000万円も見えてくるというところでした。
当事務所で、双方の主張する金額や内容をまとめた書面を作成し、互いにどうしてそのような主張をするのか理解をし合い、争うことよりも、早期に解決、ということを1て諭しました。
交渉により、相手方は、依頼者が当初目標にしていた金額に徐々に近づいた歩み寄りを見せてきました。
依頼者も、当初の目標額からは少し譲歩する気になり、徐々に金額が近づいた結果、最終的には、寄与分や特別受益をまとめて、しかも、祖父母の相続もまとめて、1回的に和解することができました。
仮に和解ができなければ、祖父母分で2つの遺産分割審判からの訴訟、さらに、特別受益、別途、不当利得返還請求訴訟を提起しなければならないという可能性もありました。
時間や費用のことを考えると、このような事態は避けたいところです。

結 果

当初、相手方は1000万円の支払いを主張したのに対して、依頼者が約1800万円分を取得することで、円満に解決することができました。
弁護士を入れることにより、金額の増額はもちろんのこと、手続をいたずらに長引かせないようにまとめて解決する、ということもできます。
ネクスパート法律事務所にぜひ一度ご相談ください。

その他の解決事例

【解決事例データ/相続】被相続人が作成した2つの公正証書の優劣関係が問題となり、最高裁まで争われた事案

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:Aさん・妻(60代)

争っても勝訴は難しいと別の事務所に言われ、困っていました。

本事件は、被相続人が作成した2つの公正証書の優劣関係が問題となりました。先に作られた1つ目の公正証書は、唯一の相続人である配偶者以外の第三者に「特定の遺産を死因贈与する」というものでした。他方で、のちに作成された2つ目の公正証書は、「全部の遺産を配偶者に相続させる」旨の遺言でした。 1つ目の公正証書を作成した背景には、依頼者と当該第三者との感情的な対立関係にあり、当該不動産を依頼者に相続させないように諸々の策略をして、作成するに至った疑いがあるものでした(とはいえ、公正証書の無効を争うことができるほどの立証は困難)。他方で、その後作られた2つ目の公正証書は、被相続人が1つ目の公正証書でなした第...

【解決事例データ/相続】相続人廃除審判を申し立てられた相続事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:Aさん・孫(30代)

推定相続人排除の申し立てを起こされ、どうしたらよいかわからない。

被相続の遺言に相続人廃除の文言が記載されていました。廃除理由は、被相続人の金銭を使い込んだことや、親族に暴力をふるったというもの。その後、相続人廃除申立審判を起こされましたが、どのように対応していいのか皆目見当がつかず、期日まで数日しかないとのことでご依頼いただきました。

【解決事例データ/相続】相続放棄を条件とする他の相続人の生前贈与を、弁護士が特別受益と認めさせ不動産の単独相続を実現。

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:Aさん・長男(60代)

両親の遺産を単独相続したい…

父Aさんが亡くなり、その後すぐに母Bさんも亡くなりました。姉Cさん(長女)はすでに他界していたので、相続人は依頼人のXさん(長男)、姉Y(次女)さん、Cさんの相続人であるDさん及びEさんでした。しかし、Dさん及びEさんは自らの相続分をⅩさんに譲渡したので、相続人はXさんとYさんのみになりました。 また、Yさんは相続権の放棄を条件に両親(以下、被相続人Aさん、Bさん)から生前贈与を受けていました。 そこで、Xさんとしては残りの相続財産である土地及び建物を穏便に単独相続をしたいと考え、ご相談にいらっしゃいました。

【解決事例データ/相続】代襲相続者が多く、相続人に面識がない人が多い中での遺産分割協議

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:Aさん・姪(30代)

相続人には面識のない人もいて、そのうちひとりは協力的でなく困っている。

相続人が6人の遺産分割協議でしたが、代襲相続者が多く、依頼者も面識がない人が多かった事案です。 被相続人が生前中に受けた相続について登記していなかったため、二次相続の遺産分割協議を作成する必要もありました。  

【解決事例データ/相続】相続人も多く、1人が遺産分割協議に反対していたため調停で解決を目指した事案

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:Aさん・次男(70代)

20年以上前に亡くなった父の相続について、遺産分割協議をしたが相続人の1人が反対してまとまらない。

20年以上前に亡くなった依頼者の父の相続に関する事案です。 依頼者の兄弟姉妹は、依頼者以外全員死亡しており、その子供たちとの協議になっていました。 被相続人が死亡した後も、長期間にわたり相手方の1名が遺産である不動産を賃貸し、収益を上げていたことから、取得時効の成立の可能性もある事案でした。事情を聴取・整理した結果、最近まで賃料の一部を依頼者にも渡していた証拠があったため、成立はしないであろうとの結論に達しました。

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら