リボ払いは弁護士に相談しよう|債務整理でリボ払い地獄から抜け出す - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

リボ払いは弁護士に相談しよう|債務整理でリボ払い地獄から抜け出す

クレジットカードを利用している人の中には、リボ払いを活用している人も多いです。一見便利に見えるリボ払いですが、使いすぎると気づかないうちに利息の支払いに追われて、借金返済が不可能な状態に陥ります。

今回はリボ払いの返済に苦しんでいる人に向けて、どのように解決すれば良いのか以下の点を中心に解説します。

  • 返済が困難な場合の解決方法と弁護士によるサポート
  • リボ払いを弁護士に相談するメリット
  • リボ払いを弁護士に相談するデメリット
  • 弁護士に相談すべきタイミング・目安
  • 弁護士に解決を依頼した場合の費用相場

現在リボ払いの返済に苦しんでおり、どのように解決すれば良いか悩んでいる方は、まず弁護士に相談して解決方法に関するアドバイスをもらいましょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら

リボ払い返済が困難な場合の解決方法と弁護士によるサポート内容

リボ払いの返済が困難な場合、弁護士に相談すれば債務整理で借金問題を解決できます。

債務整理は3つの種類があるので、それぞれの特徴と弁護士によるサポート内容を以下で解説します。

任意整理(おすすめ)

任意整理とは、債権者と交渉を行い毎月の返済額や返済方法を調整して、借金を無理なく返済できる手続きです。

債権者との交渉によってはリボ払いの利息もカットできるため、返済すべき借金が元本だけになる可能性があります。

個人再生や自己破産とは異なり裁判所を利用せずに行う手続きであるため、迅速かつ簡素に解決できる可能性があるのも任意整理の特徴です。

任意整理手続きを弁護士に依頼することで、以下のサポートが期待できます。

【任意整理手続きにおける弁護士のサポート内容】

  • 複雑な手続きを委任できる
  • 借金の利息をカットできる可能性がある
  • 債権者との交渉を有利にまとめられる
関連記事
任意整理は、債権者との交渉により、返済方法を変更してもらう手続きです。 個人再生や自己破産に比べて手続きが柔軟ですが、デメリットもあります。 この記事では、次のとおり任意整理のメリット・デメリットを解説します。 任意整理のメリット・デメリッ...

個人再生

個人再生とは、抱えている借金を最大90%減額して、残った借金を3〜5年で返済する手続きです。裁判所に再生計画案を提出して、返済金額や返済方法が問題なければ、借金減額が認可されます。

任意整理とは異なり裁判所を通して行う手続きなので、時間はかかるものの借金を大幅に減額できるのが個人再生を利用するメリットです。

個人再生手続きを弁護士に依頼することで、以下のサポートが期待できます。

【個人再生手続きにおける弁護士のサポート内容】

  • 弁護士のアドバイスによって個人再生計画案が裁判所に認められやすい
  • 複雑な手続き・必要書類の作成を委任できる
  • 裁判所に支払う費用を抑えられる

自己破産

自己破産とは、裁判所に破産手続きを申し立て免責許可をもらうことで、借金が0になる手続きです。

抱えている借金が全て免除になる代わりに、自分の所有している財産や資産を処分しなければならないデメリットもあります。自己破産手続きを弁護士に依頼することで、以下のサポートが期待できます。

【自己破産手続きにおける弁護士のサポート内容】

  • 免責が認められやすい
  • 裁判所に支払う費用を抑えられる
  • 複雑な手続き・必要書類の作成を委任できる
  • 手続きが円滑に進む

リボ払いを弁護士に相談する5つのメリット

リボ払いを弁護士に相談する5つのメリットを以下で解説します。

借金が減額・免除になる

リボ払いで抱えた借金問題を弁護士に相談することで、借金が減額・免除になる可能性があります。

債務整理手続きの種類 債務整理手続きの効果
任意整理 ・返済額や返済方法を調整できる

・リボ払いの利息をカットできる可能性がある

個人再生 ・借金を最大90%減額できる

・持ち家を残して借金減額できる

自己破産 ・借金が全額免除になる

リボ払いで抱えた借金を弁護士に相談する人のほとんどは、任意整理が適しているケースが多いです。ただしどの手続きが適しているかは、その人の収入や抱えている借金額によって異なります。まずは弁護士に相談して最適な解決方法を選びましょう。

必要な事務手続は委任できる

どの債務整理手続きを選んだとしても、必要な事務手続きは全て弁護士に委任できます。債務整理手続きは複雑かつ必要な書類も多いです。弁護士に依頼して任意整理を行なった場合、以下の手続きをします。

  • 債権者への受任通知の送付・取引履歴の開示請求
  • 利息の引き直し計算
  • 弁済原資金積立の開始
  • 過払い金返還請求訴訟
  • 債権者との和解案の作成
  • 債権者との和解交渉
  • 和解契約の締結
  • 和解に基づいた返済開始

弁護士に委任せずに任意整理をしようとしても、督促を止めることができず、弁済原資を積み立てることも難しく、債権者が和解交渉に応じることもほとんどありません。そのため、借金に苦しむ生活が改善しないか長期化するおそれがあります。自力で債務整理をするならば任意整理以外の方法を検討する必要があります。

債権者との交渉を委任できる

リボ払いの借金問題を任意整理で解決する場合、債権者との交渉を行う必要があります。

弁護士に依頼すれば、自分にとって有利な返済期間・返済方法で交渉を終えることも可能です。しかし弁護士に依頼せずに交渉を行った場合、交渉自体することができずに和解に失敗する可能性が高いです。

任意整理の和解に失敗すると、以下のデメリットがあります。

  • 借金を一括返済しなければならない
  • 財産・資産の差し押さえに発展する可能性もある
  • 自己破産・個人再生手続きしか選択肢がなくなる

債権者の支払い・催促がストップする

債務整理手続きを弁護士に依頼すると、債権者に対して受任通知を送付します。

受任通知を受け取った債権者は、それ以降債務者に対して取立て・催促ができません。一時的に返済もストップできるため、債務者はその間に生活を立て直せます。

関連記事
受任通知とは、弁護士が依頼者の代理人に就任したことを相手方に知らせる通知のことです。 債務整理の場合、貸金業者や債権回収会社からの督促や取立てをストップさせる効果があります。 この記事では、以下を詳しく説明します。 受任通知とは? 受任通知...

最適の解決方法を提案してもらえる

リボ払いに関する借金問題を弁護士に相談することで、最適な解決方法が分かります。

現在の収入や抱えている借金額によって、最適の債務整理手続きは異なります。間違った手続きを選んでしまうと、リボ払いの借金問題をスムーズに解決できません。

また弁護士であれば、財産や資産を残したいなどの希望に応じて、最適の手続きを選べます。

リボ払いを弁護士に相談する3つのデメリット

リボ払いの借金問題を弁護士に相談する3つのデメリットについて解説します。

ブラックリストに載ってしまう

リボ払いを債務整理で解決する場合、信用情報機関に金融事故情報が登録されます。いわゆるブラックリストであり、登録されると一定期間新規クレジットカードの作成やローンの契約ができません。

機関名 主な加盟店 ブラックリスト期間
CIC ・消費者金融

・クレジットカード会社

5年
JICC(株・日本信用情報機構) ・金融機関 5年
KSK(株・全国銀行個人信用条センター) ・全国の銀行 5年(自己破産と個人再生の場合は10年間)

ただし一生クレジットカードの作成やローンの契約ができないわけではありません。任意整理であれば5年間、自己破産と個人再生であれば5〜10年経過すれば、再びカードやローンを利用できます。

収入がないと任意整理は難しい

リボ払いの解決手段として最も採用されている任意整理は、安定した収入が必要です。

利息をカットして3〜5年で借金を返済する必要があるため、安定した収入がないと債権者との交渉が失敗に終わります。

なお任意整理は、安定した収入があれば専業主婦や学生、アルバイトでも利用可能です。

購入した商品が差し押さえられる可能性がある

リボ払いで購入した商品は、支払いが終わるまでの間は自分に所有権がない状態です。

この状態で債務整理をした場合、支払いが終わっていない商品が差し押さえられる可能性があります。

弁護士に相談して債務整理を進める場合、事前にどの商品の支払いが終わっていないか確認しましょう。

リボ払いで弁護士に相談する目安・タイミング

リボ払いの返済に苦しんでいる場合、どのタイミングで弁護士に相談すれば良いのでしょうか。弁護士に相談すべき目安・タイミングについて解説します。

借金返済を滞納し始めている

リボ払いの返済を滞納すると、遅延損害金が発生します。遅延損害金とは、返済を滞納した場合に発生する損害賠償金です。

遅延損害金に加えて長期間リボ払いの返済を滞納し続けると、借金の一括請求や財産・給料の差し押さえに発展する可能性があります。

差し押さえまで発展してから債務整理をしようと思っても、選べる選択肢は限られます。返済の目処が立たないと感じた時点で、滞納したまま放置するのではなく弁護士に相談しましょう。

毎月利息の返済しかできていない

毎月返済ができていたとしても利息の返済にしか手が回っていない場合、債務整理を検討すべきです。

リボ払いは元本を返済しなければ、永遠に完済できません。リボ払いの返済ができなくなる人の多くは、毎月元本を返済できず利息しか支払えていない場合がほとんどです。

利息の返済だけに追われて永遠に終わらない返済を続けるよりも、弁護士に相談して借金の減額もしくは免除ができないかアドバイスをもらいましょう。

長い期間返済をしている

リボ払いは返済が長引けば長引くほど、利息が高くなります。例えば年利が15%のリボ払いで、1万円のキャッシングを1ヶ月で返済すると返済額は1万125円です。

一方で1年で返済する場合、返済額は1万5,000円まで膨れ上がります。長引けば長引くほど高額な利息がつくので、すでに長期間返済している場合はすぐに弁護士へ相談しましょう。

リボ払いの債務整理を弁護士に依頼した場合の費用相場

リボ払いの債務整理を弁護士に依頼した場合、手続きによってどれくらいの費用がかかるのか費用相場を以下にまとめました。

債務整理手続き方法 裁判所費用 弁護士費用
任意整理 不要 ・1社につき1万5,000円~3万円

・成功報酬1~5万円

個人再生 20万円 ・20~50万円
自己破産 10~50万円(借金額によって異なる) ・20~100万円

なお裁判所・弁護士費用は、抱えている借金額によって必要な金額が異なります。まずは弁護士に相談して、費用がどの程度かかるのか聞いてみることをおすすめします。

まとめ

返済が長引きがちなリボ払いの借金問題は、弁護士に相談すれば債務整理で早期解決できます。しかしどの債務整理手続きが適しているかは、リボ払いで抱えてしまった借金額や現在の収入、利息の状況によって異なります。

リボ払いはお金の問題なので他人に相談しにくいかもしれませんが、一人で抱え込むことなく弁護士に相談して、解決方法のアドバイスをもらいましょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら