弁護人は実際にどんなことをしてくれますか?

A.被疑者と被告人の利益を守るために活動します。早期の身柄解放のため、検察官や裁判官に意見を述べます。必要があれば準抗告・保釈等の請求を…

保釈とは何ですか?弁護士を頼むメリットとは?

A.被告人が一定の保証金を納め、代わりに身柄を釈放してもらう制度です。ただし、被告人が逃亡等した場合は被告人の身柄は再拘束され、保証金も没取…

逮捕された本人以外でも、家族などから弁護士を依頼することはできますか?

A.本人以外であっても弁護士を依頼することは可能です。刑事訴訟法上、弁護人を選任することが認められているのは、被告人・被疑者の法定代理人(両…

夫が痴漢で逮捕されてしまいました。当事者でなく家族ですが、弁護人を依頼することはできますか?

A.奥様でも弁護人の選任はできます。弁護人の選任は、被告人・被疑者本人のほか、本人の法定代理人、保佐人、配偶者、直系の親族及び兄弟姉妹に認め…

痴漢で逮捕され大変反省しています。示談金以外で被害者の方に反省の意を伝える方法はありますか?

A.反省文(謝罪文)をお送りし、反省の意を伝えることが考えられます。上辺だけの反省を書くより、被害者が受けた苦痛の重大さを理解したこと、痴漢…

痴漢を犯したのが成人の場合と、未成年の場合では、何か違いがありますか?

A.未成年者(14歳以上)が痴漢した場合でも、迷惑防止条例違反・強制わいせつ罪になることに変わりはありません。少年事件は、逮捕・勾留につ…

痴漢で逮捕され、警察での取り調べを受けた後、帰宅する事を許されました。警察からは後日連絡がいく、と言われました。今後はどのような事態になる事が想定されますか?

A.帰宅を許されていますので、逮捕・勾留される可能性は低いでしょう。今後は、警察・検察からの呼出・取調の後に、不起訴処分又は略式手続・裁判に…

痴漢で罰金刑になった場合、どの程度の罰金額のケースが多いでしょうか?

A. 事案にもよります。初犯であれば20~30万円ぐらいになることが多いです。再犯等の場合は、罰金額も高くなる傾向があります。…

痴漢で逮捕されてしまっても不起訴にしてもらえる事はありますか?

A.逮捕された場合であっても、不起訴になる事は多いです。迷惑防止条例違反の場合は、被害者と示談ができれば、事案にもよりますが、不起訴にな…

痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いように思いますが、 どのような差で強制わいせつになるか、迷惑防止条例違反になるか決まりますか?

一般的には、衣服の上から触ったときは迷惑防止条例違反で、下着の中に手を差し入れて触ったようなときは強制わいせつ罪になると言われています。しか…

さらに記事を表示する