弁護人は実際にどんなことをしてくれますか?

A.被疑者と被告人の利益を守るために活動します。

早期の身柄解放のため、検察官や裁判官に意見を述べます。必要があれば準抗告・保釈等の請求をします。また、起訴されないように、被害者と示談等の活動を行っていきます。裁判となった際には、被告人に有利な事情を提出し、執行猶予などの判決が得られることを目指します。

関連記事

  1. 初犯と再犯では再犯の方が罪が重くなりますか?
  2. 夫が警察(署)に逮捕されてしまいました。これからのどのようになる…
  3. 痴漢を犯したのが成人の場合と、未成年の場合では、何か違いがありま…
  4. 家族が本人に面会する際に、どんな制限がありますか?
  5. 私選弁護人と国選弁護人の違いはなんですか?
  6. 盗撮事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  7. 痴漢で罰金刑になった場合、どの程度の罰金額のケースが多いでしょう…
  8. 弁護人は何をしてくれるのですか?