弁護人は何をしてくれるのですか?

A.起訴前には、身体拘束をされている被疑者に対して、刑事弁護の手続きの流れや注意点について説明をしてくれます。

また、身体拘束からの解放に向けた活動を行います。
検察官が起訴しないように被害者の方との示談交渉をしたり、証拠収集などを行ったりします。
起訴後には、裁判所で事実を主張して、法律の適用について意見を述べていきます。最終的な目標は、無罪判決または執行猶予判決を獲得すること、もしくは量刑を軽減することです。

関連記事

  1. 保釈とは何ですか?弁護士を頼むメリットとは?
  2. 痴漢で罰金刑になった場合、どの程度の罰金額のケースが多いでしょう…
  3. 強制わいせつ事件で示談となる場合、どのような内容になるのでしょう…
  4. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  5. 強制わいせつ事件で示談できない場合もあるのでしょうか?
  6. わいせつな行為をした相手が13歳未満とは知らなかった場合も強制わ…
  7. 痴漢事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  8. 夫が警察(署)に逮捕されてしまいました。これからのどのようになる…