任意整理の無料相談窓口9つ|相談できる内容・サポート内容を解説 - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

任意整理の無料相談窓口9つ|相談できる内容・サポート内容を解説

借金の利息をカットし、分割回数を変更して毎月の返済額を減らす任意整理。借金問題を解決するには有効な手段ですが、利用すべきかどうか分からず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、任意整理に関して無料相談できる窓口を中心に以下の点について解説します。

  • 任意整理のおすすめ無料相談窓口9つ
  • 無料相談窓口を有効活用するポイント
  • 弁護士に相談するメリット

以下で紹介する窓口を利用して、自分が任意整理すべきか相談してみましょう。

佐藤弁護士
佐藤弁護士
任意整理は、債権者と直接交渉して返済条件を決める手続きです。弁護士であれば交渉を代理し、ご依頼者様に有利な条件での和解を目指せます。任意整理をお考えの方は無料相談を活用し一度ご相談ください。

任意整理のおすすめ無料相談窓口9つ

ここでは任意整理のおすすめ無料相談窓口9つを紹介します。

弁護士

債務整理をする際に必要な手続きをすべて任せられます。「借金をすべて免除してほしい」「家や車を手放さずに借金を軽減したい」など、個別の事情に応じて適した解決方法をご提案いたします。任意整理以外の方法も検討できます。

弁護士のサポート内容

弁護士に任意整理の相談をすると、以下のサポートを受けられます。

  • 必要な書類の作成
  • 債権者との交渉
  • 必要な手続きの委任
  • 他の債務整理手続も対応可能

弁護士に相談できること

弁護士に相談できる内容は、以下のとおりです。

  • 任意整理でカットできる金利はどれくらいか
  • 財産や資産は残すことができるか
  • 家族にバレることなく任意整理できるか
  • 必要な予算はどれくらいか
  • 分割払いは可能か

弁護士への相談がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、弁護士に相談するのがおすすめです。

  • 今すぐにでも借金問題を解決したい人
  • 任意整理をすると決めている人
  • 任意整理以外の選択肢も考えている人
  • 持ち家や車などを残したい人
  • 必要な手続きはすべて委任したい

弁護士の連絡先

ネクスパート法律事務所の営業時間・連絡先などは以下のとおりです。

営業時間 24時間相談受付
電話 0120-949-229
メール メール相談フォーム
URL https://nexpert-law.com/saimu/

ネクスパート法律事務所では、債務整理経験が豊富な弁護士がサポートを行います。

債務整理するか迷っている人やどのように手続きすれば良いのか分からない人は、ぜひ1度ネクスパート法律事務所へお気軽にお問い合わせください。

司法書士

司法書士は、登記や法律に関する書類の作成を行っています。法務省の認定を受けた認定司法書士は、債権者一件当たり借金額140万円以下の上限はありますが、任意整理の手続きを行うことも可能です。

金額に上限があるため、借金額が140万円を超える人は司法書士ではなく弁護士に相談するのがおすすめです。

司法書士のサポート内容

司法書士に任意整理の相談をする場合、以下のサポートを受けられます。

  • 手続きに必要な書類の作成
  • 債権者との交渉の代行
  • 140万円以下の借金の任意整理

司法書士に相談できること

司法書士に相談できることは、以下のとおりです。

  • 任意整理で金利をカットした場合返済金額はどれくらいになるか
  • 家族にバレることなく任意整理できるか
  • 任意整理が適しているか

司法書士への相談がおすすめなのはこんな人

以下に該当する場合、司法書士に相談するのがおすすめです。

  • 1社からの借金総額が140万円以下の場合
  • 手続きに必要な書類を作成できる自信がない
  • 債権者との交渉を委任したい

日本貸金業協会

日本貸金業協会とは、日本にある貸金業者の適正な運営と資金需要者の利益保護を目的に、平成19年に設立された業界の自主規制団体です。協会に加盟しているのは事業者金融や消費者金融であり、全国にある貸金業者のおよそ半数以上が加盟しています。

日本貸金業協会のサポート内容

日本貸金業協会では、以下のサポートを受けられます。

  • 貸付自粛制度の利用
  • 借入や返済に関してのサポート
  • 貸金業者への苦情
  • 貸金業者との間に生じた紛争解決
  • 多重債務者の生活改善のためのカウンセリングや家計管理の支援

日本貸金業協会に相談できること

日本貸金業協会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 貸金業者が登録業者かの確認
  • 契約内容の不明な点
  • 闇金業者への対処法
  • 具体的な債務整理の方法
  • 弁護士や司法書士などの紹介

日本貸金業協会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、日本貸金業協会に相談するのがおすすめです。

  • 浪費癖がある
  • ギャンブル依存症
  • 貸付の自粛で強制的に借金を防ぎたい
  • 信頼できる弁護士の紹介

日本貸金業協会の連絡先

日本貸金業協会の営業時間や連絡先などは以下のとおりです。

営業時間 9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)
電話 0570-051-051
メール
URL https://www.j-fsa.or.jp/

日本弁護士連合会(法律相談センター)

日本弁護士連合会とは、日本全国すべての弁護士及び弁護士法人が登録している法人です。弁護士の品位を保持して、弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るために、弁護士や弁護士法人・弁護士会の指導、連絡及び監督に関する事務を行なっています。

日本弁護士連合会のサポート内容

日本弁護士連合会では、以下のサポートを受けられます。

  • 信頼できる弁護士の紹介
  • 分割払いに対応している事務所の紹介
  • 自分の住んでいる地域にある法律相談センターでの相談

日本弁護士連合会に相談できること

日本弁護士連合会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 弁護士費用がどれくらい必要か
  • 弁護士費用を払えない時どうすれば良いか
  • 保険でお得に弁護士費用を支払うためにはどうすれば良いか
  • 悩みを相談したり交渉を委任できる弁護士に出会いたい
  • お住まいの地域の近くにある法律事務所はどこか

日本弁護士連合会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、日本弁護士連合会に相談するのがおすすめです。

  • 借金問題を誰に相談すれば良いのか分からない
  • 弁護士に相談する前に何を聞けば良いのか知りたい
  • 自分の家から利用しやすい法律事務所が知りたい
  • 弁護士費用を支払う余裕がない

日本弁護士連合会の連絡先

日本弁護士連合会の営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 24時間
電話 0570-783-110
メール
URL https://www.nichibenren.or.jp/index.html

日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)とは、クレジットや消費者ローンの利用者で、複数の債権者に対する債務の返済が困難に状態に陥ったいわゆる多重債務者などに対して、消費者保護の立場から公正・中立的なカウンセリングを行うなど、国民の生活再建と救済を図っている公益財団法人です。

日本クレジットカウンセリング協会のサポート内容

日本クレジットカウンセリング協会では、以下のサポートを受けられます。

  • 任意整理後の家計再建のためのカウンセリング
  • 公益財団法人による無料かつ相談内容秘密厳守のサポート

日本クレジットカウンセリング協会に相談できること

日本クレジットカウンセリング協会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 任意整理に必要な費用はどれくらいか
  • 家族にバレることなく手続きは可能か
  • 任意整理での解決は適しているか
  • 他の債務整理手続きを選んだ方が良いのか

日本クレジットカウンセリング協会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、日本クレジットカウンセリング協会に相談するのがおすすめです。

  • まずは任意整理に関して無料で相談をしたい
  • 弁護士に相談する前に何を聞けば良いのか把握しておきたい
  • すでに借金を滞納している
  • 多重債務に陥っている

日本クレジットカウンセリング協会の連絡先

日本クレジットカウンセリング協会の営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 10:00~12:40

2:00~4:40

(土・日・祝祭日を除く)

電話 0570-031640
メール web相談受付フォーム
URL http://www.jcco.or.jp/

法テラス(日本司法支援センター)

法テラス(日本司法支援センター)とは、国によって設立された法的トラブル解決のための総合案内所です。誰でも利用できるため、気軽に法的トラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられます。

法テラスのサポート内容

法テラスでは、以下のサポートを受けられます。

  • 無料の法律相談
  • 弁護士費用が支払えない場合の立て替え
  • 借金問題解決に必要な情報の影響
  • 信頼できる弁護士の紹介

法テラスに相談できること

法テラスに相談できることは、以下のとおりです。

  • 多重債務問題を誰に相談すべきか
  • 借金問題を解決するために利用できる制度や機関の紹介
  • 借入金額が増えて返済できずにいるがどうすべきか

法テラスがおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、法テラスに相談するのがおすすめです。

  • 弁護士費用が支払えない人
  • 無料相談の条件を満たしている人
  • 多重債務に陥っている人
  • 任意整理を依頼できる弁護士を探している人

法テラスの連絡先

法テラスの営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 平日:9: 00~21:00

土曜:9:00~17:00

電話 0570-078374
メール お問い合わせフォームから
URL https://www.houterasu.or.jp/index.html

消費者生活センター(闇金被害)

消費者生活センターとは、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなどに関して、専門の相談員が相談を行い中立な立場で処理している機関です。

消費者生活センターのサポート内容

消費者生活センターでは、以下のサポートを受けられます。

  • 任意整理を任せられる弁護士の紹介
  • 消費者金融が闇金かどうかの確認
  • 闇金業者との交渉・対応
  • 債務整理票等による債務状況の整理
  • 任意整理方法の情報提供
  • 専用窓口の紹介

消費者生活センターに相談できること

消費者生活センターに相談できることは、以下のとおりです。

  • 多重債務に陥った場合の対処法
  • 弁護士に何を相談すれば良いのか
  • 分割払いで手続きできるか

消費者生活センターがおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、消費者生活センターへの相談がおすすめです。

  • まずは無料で借金に関する悩みを相談したい
  • すでに多重債務になっている
  • 日常生活における購入トラブルを相談したい
  • お金を借りている/借りようと思っている業者は闇金か

消費者生活センターの連絡先

消費者生活センターの営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 10:00〜12:00

13:00〜16:00

(土日祝日、年末年始を除く)

電話 0570-078374
メール お問い合わせフォームから
URL https://www.houterasu.or.jp/index.html

借入先の相談窓口

借入先の相談窓口とは、借金をしている金融機関のサポートセンターなどが該当します。

借入先の相談窓口のサポート内容

借入先の相談窓口では、以下のサポートを受けられます。

  • 借入条件の変更
  • 返済金額の引き下げ
  • 金利の引き下げ

借入先の相談窓口に相談できること

借入先の相談窓口に相談できることは、以下のとおりです。

  • 金利の引き下げができないか
  • 毎月の返済金額を変更できないか
  • 一時的に返済が困難になったため返済を待ってもらえないか

借入先の相談窓口がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、借入先の相談窓口への相談がおすすめです。

  • 将来的には完済できる見通しがある
  • 怪我や病気などで一時的に収入が減少しただけ
  • 毎月の返済額や金利を変更できれば返済の見通しが立つ

借入先の相談窓口の連絡先

借入先の相談窓口に連絡する場合、借入先の会社名の後にサポートセンターと打てば、相談窓口の電話番号やメールアドレスが検索でヒットします。

市区町村の相談窓口

各市区町村の役所では、借金に関する相談窓口を設けています。定期的に弁護士に相談できる無料相談会も開催しているので、気軽に任意整理に関して相談できます。

相談会は基本的に無料で、市区町村に委任された弁護士と30分から1時間程度直接話せます。

市区町村の相談窓口のサポート内容

市区町村の相談窓口では、以下のサポートを受けられます。

  • 任意整理に関する無料相談
  • 弁護士による任意整理の説明
  • 信頼できる弁護士の紹介

市区町村の相談窓口に相談できること

市区町村の相談窓口に相談できることは、以下のとおりです。

  • 抱えている借金を任意整理できるか
  • 多重債務状態だが任意整理できるか
  • 任意整理以外の債務整理を選択すべきか

市区町村の相談窓口がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、市区町村の相談窓口への相談がおすすめです。

  • 弁護士と直接話をしたい
  • 無料で法律相談をしたい
  • 住んでいる地域で市区町村が無料法律相談会を開催している

市区町村の相談窓口の連絡先

各市区町村によって、借金に関する相談ができる窓口は異なります。

インターネットでお住まいの市区町村の後に法律相談と打ち込めば、近くで開催している無料相談会の詳細が分かります。

もしくは直接お住まいの地域の役所に訪れて、相談窓口がどこか訪ねるのもおすすめです。

任意整理の無料相談窓口を有効活用するポイント

ここでは、任意整理の無料相談窓口を有効活用する4つのポイントを解説します。

事前に借金に関する情報をまとめておく

任意整理の無料相談窓口を有効活用するためには、事前に借金に関する情報をまとめておきましょう。

  1. 借入先の会社名
  2. 現在の借金総額
  3. 借入の期間
  4. 現在の収入から毎月返済できる金額
  5. 現在の毎月の返済額
  6. 借入先の金利
  7. 滞納しているかどうか

上記7点をまとめておけば、どの無料相談窓口を利用したとしても、今後の対応策が明確になり有意義な時間を過ごせます。

相談内容と目的を明確にする

無料相談窓口を利用する前に、あらかじめ相談内容と目的を明確にしましょう。

  • 現在の借金額と収入だと任意整理可能か
  • 他の債務整理手続きの方が良いのか
  • 実際にどのくらいの予算が必要か
  • 今すぐに依頼したら解決までにどれくらいの時間がかかるか

上記質問を中心に、相談内容をあらかじめピックアップすると有意義なアドバイスをもらえます。

複数箇所に相談する

今回紹介した無料相談窓口は、可能であれば複数箇所を利用しましょう。複数から意見をもらうことで、自分がどうすべきか判断する材料が増えます。

非弁提携に要注意!

非弁提携とは、弁護士が非弁護士の業者に名義貸しをする行為を指します。

非弁提携の弁護士や司法書士に相談をすると、相場よりも高い費用を請求されたり、事件の処理が適当だったりするため、より大きなトラブルに発展する可能性が高いです。

以下に該当するかどうかで、非弁提携か見抜くことができるため相談をするかどうかの参考にしてください。

  • ホームページのどこにも本人写真が掲載されていない
  • 打ち合わせに顔を出さない
  • 公的な機関ではない機関から紹介された弁護士や司法書士

任意整理の相談を弁護士にするメリット

ここでは任意整理の相談を弁護士にする6つのメリットを解説します。

自分に適した解決方法を提案してくれる

利息をカットして返済の負担を減らせる任意整理。しかし現在の収入や借金額によっては、他の債務整理が適している場合もあります。

弁護士に相談すれば、現状を分析してもっとも負担のない債務整理の方法はどれかアドバイスがもらえます。

個人では金融機関が任意整理に対応してくれない

実は任意整理は個人でも行います。しかしほとんどの金融機関では、法律の知らない素人を相手にすると時間がかかるため、個人の任意整理の申立を受け付けていません。

スムーズに手続きを行うためには、必ず弁護士に依頼する必要があります。

催促や取り立てがストップする

すでに借金を何ヶ月か滞納しており、債権者からの催促や取り立てが日常的に来ている人もいるのではないでしょうか。

弁護士が任意整理の依頼を受けると、債権者に対して受任通知を送付します。受任通知を受け取った債権者は、それ以降債務者に対して直接催促や取り立てを禁じられています。

債権者からの催促や取り立てだけではなく支払いも一時的にストップするので、その間に生活の立て直しを図ることが可能です。

任意整理の交渉を委任できる

任意整理は裁判所を通さずに、債権者と債務者が直接交渉を行います。

任意整理の実績が豊富な弁護士に任せれば、利息のカットや返済方法の変更など有利な和解条件で交渉を終えられます。

過払い金請求もできる

これまでの返済で過払い金が発生していた場合、任意整理と並行して過払い金返金請求もできます。

特に闇金業者から借金をしていた場合、払いすぎたお金が返ってくるので、返済の負担が減ります。

複雑な手続きをすべて委任できる

任意整理は、複雑な書類の作成や債権者との交渉などやらなければならないことが多いです。弁護士に依頼すれば、複雑な手続きは全て委任できるので、任意整理が失敗するのを防げます。

まとめ

今回紹介したように、任意整理の無料相談ができる公的機関は多いです。

もっとも公的機関を通さずに紹介された弁護士は、非弁提携の可能性があるので注意してください。

自分が任意整理すべきなのかわからない人や、日常生活に影響するほど返済に困っているにも関わらず誰にも相談できずにいる人は多いです。

1人で抱え込まずに、まずは誰かに相談してどう解決すべきかアドバイスをもらいましょう。

 

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら