債務整理の無料相談窓口9つ|無料相談を有効活用するコツ - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

債務整理の無料相談窓口9つ|無料相談を有効活用するコツ

債務整理は手続きが複雑で一般の人にとっては分かりにくい制度です。借金が返済できずに困っている人の中には、債務整理に関して今すぐにでも相談したい人もいるのではないでしょうか。

今回は、債務整理のおすすめ無料相談窓口を中心に、以下の点について解説します。

  • 債務整理のおすすめ無料相談窓口9選
  • 無料相談窓口を有効活用する方法
  • 債務整理の相談を弁護士にするメリット

債務整理をしたいがどうすれば良いかわからないと困っている人のお力になれれば幸いです。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら

債務整理のおすすめ無料相談窓口9選

ここでは債務整理のおすすめ無料相談窓口を紹介します。

法律事務所

法律事務所では、弁護士が債務整理のサポートを行います。

後述で紹介する窓口に相談した場合でも、最終的には弁護士に相談して手続きを行います。そのため今すぐにでも借金問題を解決したい人は、直接法律事務所に相談するのがおすすめです。

法律事務所のサポート内容

法律事務所のサポート内容は、以下のとおりです。

  • 債務整理に必要な事務手続きの代行
  • 必要書類の準備・作成
  • 受任通知の送付(取り立てが止まる)

法律事務所に相談できること

法律事務所では、以下の点を中心に債務整理に関する相談ができます。

  • どの手続きが適しているか
  • 財産や資産を残しつつ債務整理できるか
  • 家族にばれることなく手続きできるか
  • 弁護士費用が足りない場合、後払いできるか

法律事務所がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、法律事務所に相談するのがおすすめです。

  • 今すぐにでも借金問題を解決したい人
  • 正しい法律アドバイスをもらいたい人
  • 債務整理をする上で条件や希望がある人

法律事務所の連絡先

ネクスパート法律事務所の営業時間・連絡先などは以下のとおりです。

営業時間 24時間相談受付
電話 0120-949-229
メール メール相談フォーム
URL https://nexpert-law.com/saimu/

ネクスパート法律事務所では、債務整理経験が豊富な弁護士がサポートを行います。

債務整理するか迷っている人やどのように手続きすれば良いのか分からない人は、ぜひ1度ネクスパート法律事務所へお気軽にお問い合わせください。

 司法書士事務所

司法書士事務所は、法律や登記に関する書類の作成を行なっています。債務整理に関しては、債権者1件当たり借金額140万円以下であれば受任可能です。

弁護士とは異なり担当できる金額に限度があるため、借金額が多い人は利用できない可能性があります。

司法書士事務所のサポート内容

司法書士事務所に債務整理に関する相談をした場合、以下のサポートが受けられます。

  • 140万円以下の借金の債務整理手続き
  • その人に最適な債務整理方法の紹介
  • 手続きに必要な書類の作成や裁判の準備のサポート・対策

司法書士事務所に相談できること

司法書士事務所に相談できることは、以下のとおりです。

  • どの債務整理が適しているか
  • 手続きの進め方

司法書士事務所がおすすめなのはこんな人

以下に該当する場合、司法書士事務所に相談するのがおすすめです。

  • 1社からの借金総額が140万円以下
  • 手続きに必要な書類を作成する自信がない
  • 裁判所とのやり取りや債権者との交渉に時間を取られたくない

日本貸金業協会

日本貸金業協会とは、日本全国にある貸金業者の適正な運営と資金需要者の利益保護を目的として、平成19年に設立された業界の自主規制団体です。協会は事業者金融や消費者金融など、全国にある貸金業者の半数以上が加盟しています。

日本貸金業協会のサポート内容

日本貸金業協会では、以下のサポートを受けられます。

  • 貸金業務に関連する借入や返済の相談
  • 貸付自粛制度の利用
  • 貸金業者の業務に関しての苦情
  • 貸金業者との紛争解決
  • 多重債務問題解決のためのカウンセリングや家計管理の実行支援

日本貸金業協会に相談できること

日本貸金業協会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 貸金業者が登録業者かの確認
  • 契約内容の不明な点
  • 闇金業者への対処法
  • 具体的な債務整理の方法
  • 弁護士や司法書士などの紹介

日本貸金業協会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、日本貸金業協会に相談するのがおすすめです。

  • 債務整理を任せられる弁護士や司法書士を紹介してほしい
  • ギャンブルがやめられない
  • 浪費癖がある
  • 貸付の自粛をして強制的に借金するのを防ぎたい

日本貸金業協会の連絡先

日本貸金業協会の営業時間や連絡先などは以下のとおりです。

営業時間 9:00~17:00(土・日・祝祭日を除く)
電話 0570-051-051
メール
URL https://www.j-fsa.or.jp/

日本弁護士連合会(法律相談センター)

日本弁護士連合会とは、日本全国すべての弁護士及び弁護士法人が登録している法人です。弁護士の品位を保持して、弁護士及び弁護士法人の事務の改善進歩を図るために、弁護士や弁護士法人・弁護士会の指導、連絡及び監督に関する事務を行なっています。

日本弁護士連合会のサポート内容

日本弁護士連合会では、以下のサポートを受けられます。

  • どの債務整理が適しているかのアドバイス
  • お住まいの地域にいる信頼できる弁護士の紹介
  • 全国にある相談窓口や専門の窓口の紹介

日本弁護士連合会に相談できること

日本弁護士連合会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 債務整理に必要な費用はどれくらいか
  • 保険を利用してお得に債務整理するための方法
  • 信頼できる弁護士を選ぶためのポイント
  • 弁護士費用が払えない場合の対処法

日本弁護士連合会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する場合、日本弁護士連合会に相談するのがおすすめです。

  • 債務整理に関して何を相談すれば良いのか分からない
  • これまで弁護士や司法書士に相談をしたことがない
  • 毎月の返済が苦しくなっているがどうすれば良いのか分からない
  • 多重債務に陥っている

日本弁護士連合会の連絡先

日本弁護士連合会の営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 24時間
電話 0570-783-110
メール
URL https://www.nichibenren.or.jp/index.html

日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)とは、クレジットや消費者ローンの利用者で、複数の債権者に対する債務の返済が困難に状態に陥ったいわゆる多重債務者などに対して、消費者保護の立場から公正・中立的なカウンセリングを行うなど、国民の生活再建と救済を図っている公益財団法人です。

日本クレジットカウンセリング協会のサポート内容

日本クレジットカウンセリング協会では、以下のサポートを受けられます。

  • 多重債務の解決
  • 借金を抱えている人の家計再建のためのカウンセリング
  • 公益財団法人による無料かつ秘密厳守のサポート

弁護士事務所に相談できること

日本クレジットカウンセリング協会に相談できることは、以下のとおりです。

  • 返済には複数年かかっても良いのか
  • 家族に知られることなく借金の返済は可能か
  • 多重債務は解決できるのか
  • 自己破産せずに生活を立て直せるか

日本クレジットカウンセリング協会がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、日本クレジットカウンセリング協会に相談するのがおすすめです。

  • 借金に関する悩みをまずは無料で相談したい
  • 現在の借金の状況から最適な債務整理はどれか知りたい
  • 借金で破綻した家計の再建をするためにカウンセリングを受けたい

日本クレジットカウンセリング協会の連絡先

日本クレジットカウンセリング協会の営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 10:00~12:40

2:00~4:40

(土・日・祝祭日を除く)

電話 0570-031640
メール web相談受付フォーム
URL http://www.jcco.or.jp/

法テラス(日本司法支援センター)

法テラス(日本司法支援センター)とは、国によって設立された法的トラブル解決のための総合案内所です。誰でも利用できるため、気軽に法的トラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられます。

法テラスのサポート内容

法テラスでは、以下のサポートを受けられます。

  • 無料の法律相談
  • 弁護士費用が支払えない場合の立て替え
  • 借金問題解決に必要な情報の影響
  • 信頼できる弁護士の紹介

法テラスに相談できること

法テラスに相談できることは、以下のとおりです。

  • 消費者金融からの借入金額が大きくなり返済できず困っている
  • 自分が抱えている借金問題を誰に相談すべきか
  • 借金問題を解決するために利用できる制度や機関はあるか

法テラスがおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、法テラスに相談するのがおすすめです。

  • 弁護士費用がない人
  • まずは無料で法律相談をしたい人
  • 信頼できる弁護士を紹介してもらいたい人

法テラスの連絡先

法テラスの営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 平日:9: 00~21:00

土曜:9:00~17:00

電話 0570-078374
メール お問い合わせフォームから
URL https://www.houterasu.or.jp/index.html

消費者生活センター(闇金被害)

消費者生活センターとは、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合わせなどに関して、専門の相談員が相談を行い中立な立場で処理している機関です。

消費者生活センターのサポート内容

消費者生活センターでは、以下のサポートを受けられます。

  • 弁護士や司法書士の紹介
  • 利用している消費者金融は闇金かどうかの相談

消費者生活センターに相談できること

消費者生活センターに相談できることは、以下のとおりです。

  • 闇金から催促の電話がくるのだがどうしたらよいか
  • クレジットの支払いが困難な状況になったがどうすべきか
  • 商品を購入して支払いできなくなった
  • 知らないうちにリボ払いになっていたが返済できない

消費者生活センターがおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、消費者生活センターへの相談がおすすめです。

  • まずは無料で借金に関する悩みを相談したい
  • すでに多重債務になっている
  • 日常生活における購入トラブルを相談したい
  • お金を借りている/借りようと思っている業者は闇金か

消費者生活センターの連絡先

消費者生活センターの営業時間や連絡先は以下のとおりです。

営業時間 10:00〜12:00

13:00〜16:00

(土日祝日、年末年始を除く)

電話 0570-078374
メール お問い合わせフォームから
URL https://www.houterasu.or.jp/index.html

借入先の相談窓口

借入先の相談窓口とは、借金をしている金融機関のサポートセンターなどが該当します。

借入先の相談窓口のサポート内容

借入先の相談窓口では、以下のサポートを受けられます。

  • 金利の引き下げ
  • 借入条件の変更

借入先の相談窓口に相談できること

借入先の相談窓口に相談できることは、以下のとおりです。

  • 一時的に返済が困難になったが調整できないか
  • 金利の引き下げができないか
  • 借入条件を変更できないか

借入先の相談窓口がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、借入先の相談窓口への相談がおすすめです。

  • 一時的な収入の減少で返済できないだけ
  • 将来的には完済できる見通しがある
  • 金利や毎月の返済額を変更できれば返済できる

借入先の相談窓口の連絡先

借入先の相談窓口に連絡する場合、借入先名の後にサポートセンターと打てば、相談窓口の電話番号やメールアドレスが分かります。

市区町村の相談窓口

各市区町村の相談窓口では、地域に住んでいる人が利用できる無料相談会を開催していることが多いです。相談会は基本的に無料で、弁護士や司法書士と直接30分程度話せます。

市区町村の相談窓口のサポート内容

市区町村の相談窓口では、以下のサポートを受けられます。

  • 弁護士による解決方法の説明
  • 無料相談

市区町村の相談窓口に相談できること

市区町村の相談窓口に相談できることは、以下のとおりです。

  • 借金の返済が難しくなったがどうすれば良いか
  • 多重債務状態だがどのように解決すれば良いか
  • 自分に適している債務整理はどれか

市区町村の相談窓口がおすすめなのはこんな人

以下に該当する人は、市区町村の相談窓口への相談がおすすめです。

  • まずは無料で法律相談をしたい
  • 弁護士に直接相談をしたい
  • お住まいの地域で無料法律相談を行っている

市区町村の相談窓口の連絡先

お住まいの市区町村のホームページにアクセスすれば、無料相談に関する案内を掲載しています。

もしくはインターネットで、お住まいの市区町村の後に法律相談と打ち込むと、最寄りの相談先が分かります。

債務整理の無料相談窓口を有効活用するポイント

ここでは債務整理の無料相談窓口を有効活用する4つのポイントを解説します。

事前準備を行う

債務整理の無料相談窓口を有効活用するためには、事前に以下の情報をまとめておきましょう。

  1. 借入先の会社名
  2. 現在の借金総額
  3. 借入の期間
  4. 現在の収入から毎月返済できる金額
  5. 現在の毎月の返済額
  6. 借入先の金利
  7. 滞納しているかどうか

この情報さえまとめておけば、どの窓口に相談してもスムーズに解決方法のアドバイスをもらえます。

依頼の目的を明確にする

無料相談窓口を活用して債務整理の相談をする場合、事前に依頼の目的を明確にしましょう。

債務整理は以下の3つの種類があり、それぞれ手続き内容や効果が全く異なります。

  • 任意整理…利息をカットできる
  • 個人再生…借金を大幅減額できる
  • 自己破産…借金が免除になる

事前にどの手続きが希望なのか決めておくと、相談の際に手続きの進め方や費用の相場など詳しいことについてアドバイスをもらえます。

複数箇所に相談する

今回紹介した無料相談窓口は、なるべく複数利用しましょう。複数の第三者から意見を聞くことで、自分がどの債務整理に適しているか判断できます。

特に法律に詳しくない方の場合、1ヶ所目の相談は債務整理制度に関して聞くだけで終わってしまうことも多いです。

何度か相談を重ねれば聞くべきことも分かるので、自分の借金問題を解決するのに必要な情報を集められます。

非弁提携に要注意!

非弁提携とは、弁護士が一弁護士の業者に名義貸しをする行為です。

非弁提携の弁護士や司法書士に相談すると、相場よりも高い費用を請求されたり、手続きに精通していないためトラブルに発展したりする可能性が高いです。

非弁提携かどうかを見抜く際には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 面談でも弁護士・司法書士本人が顔出しをしていない
  • ホームページを探しても弁護士本人の写真がない
  • 今回紹介した窓口以外の機関から紹介された弁護士や司法書士

債務整理の相談を弁護士にするメリット

ここまで複数の無料相談窓口を紹介してきましたが、債務整理をするのであれば弁護士に相談するのがおすすめです。

なぜ債務整理の相談は弁護士に相談すべきなのか、メリットを4つ以下で解説します。

自分に適した債務整理を教えてくれる

債務整理は3つの種類があり、それぞれの効果も違います。3つの債務整理の違いや特徴は、それぞれ以下のとおりです。

任意整理 個人再生 自己破産
借金に対する効果 ・利息のカット

・返済期間の調整

最大90%減額される 免除になる
手続きに必要な期間 2~6ヶ月 4~6ヶ月 6ヶ月から半年以上
裁判所へ支払う費用 0円 約30万円前後 同時廃止:1~3万円

管財事件:50万円

手続き後の返済期間 3~5年 3~5年 なし
官報への掲載 掲載されない 掲載される 掲載される
再度借り入れができるまでの期間 5年間 5~10年間 5~10年間
どのような人が向いているか ・利息なければ借金の返済ができそうな人 ・持ち家を残しながら借金を減額したい人

・借金が減れば返済の見通しが立つ人

・財産や資産がない人

・借金の返済見込みがない人

どの種類が適しているかは、その人の抱えている借金額や収入によって異なります。

弁護士に相談すれば、持ち家や車は残したいといった希望を考慮しつつ、その人に最適の解決方法を教えてもらえます。

①借入額 ②利率 ③毎月の返済額
万円 万円

催促や取り立てがストップする

債務整理を弁護士に依頼するとすぐに、債権者に対して受任通知が送られます。 受任通知を受け取った債権者(貸金業者)は、それ以降債務者に対して直接の取り立てや催促などの連絡を行うことが禁じられています。

現在借金を滞納しており、債権者からの取り立てや催促が止まらない場合は、すぐにでも債務整理の依頼を弁護士にして、催促や取り立てをストップしましょう。

関連記事
受任通知とは、弁護士が依頼者の代理人に就任したことを相手方に知らせる通知のことです。 債務整理の場合、貸金業者や債権回収会社からの督促や取立てをストップさせる効果があります。 この記事では、以下を詳しく説明します。 受任通知とは? 受任通知...

債務整理に失敗する可能性を防げる

債務整理はどの手続きを選んだとしても、複雑な書類の作成や債権者との交渉が必要です。

  • 任意整理…債権者との交渉・複雑な書類の作成などが必要
  • 個人再生…裁判所へ提出する書類を作成する必要がある
  • 自己破産…複雑な書類を用意して債権者との集会も行う必要がある

特にそれぞれの手続きで必要な書類の作成をミスすると、手続きが長引くだけではなく、最悪の場合債務整理に失敗する可能性があります。

弁護士に相談すれば、必要な書類の作成は全て委任して、裁判所や債権者とのやり取りも任せることが可能です。

複雑な手続きをすべて委任できる

債務整理では複雑な手続きが要求されます。

弁護士に依頼すれば、複雑な手続きをすべて委任できるので、手続き期間中は生活を立て直すことだけに集中できます。

まとめ

債務整理に関する相談ができる公的機関は複数存在しており、どこに相談しても制度の概要や適している手続きに関してアドバイスをもらえます。

しかし、どの公的機関を利用したとしても最終的には弁護士へ依頼をして、債務整理を行います。すでに多重債務に陥っている人の場合、直接弁護士に相談すれば、一時的に返済をストップできるメリットもあります。

お金に関する悩みを打ち明けられず困っている人は多いですが、放置していると利息が膨れ上がり取れる選択肢も狭まります。まずは第三者に相談して、どのように解決すべきかアドバイスをもらいましょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら