任意整理の費用相場|払えない場合の対処法を解説! - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

任意整理の費用相場|払えない場合の対処法を解説!

費用が心配で、任意整理を決断できない方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、任意整理の費用について以下の点を解説します。

  • 任意整理の費用の内訳と相場
  • 費用を払えない場合の対処法

借金に苦しんでいても、必ず解決できる方法があります。

今回紹介する対処法を参考にして、借金問題を少しでも早く解決しましょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら

任意整理にかかる費用と相場

任意整理にかかる費用と相場を解説します。

任意整理の相場

任意整理の相場は、利用している貸金業者1社あたり約0~5万円+減額された利息の約10~20%が一般的です。

例えば、貸金業者2社から100万円の借金をしている場合、任意整理で70万円まで減額できた場合の相場は、約6~11万円前後が目安です。

任意整理は原則債権者1社1社との交渉となるため、債権者の数によって費用が変わります。弁護士事務所によっても必要となる費用が変わるので、1度任意整理について弁護士事務所に聞いてみたほうが良いでしょう。

弁護士に依頼するにかかる費用の内訳【10万円~30万円】

弁護士に任意整理を依頼する際に、かかる費用の内訳と金額の相場は以下の通りです。

弁護士費用の内訳(あくまでも目安であり事務所毎に異なる)
相談料 0~2万円 ・弁護士に相談した際に必要となる相談料

・事務所によっては相談料無料、電話やメールでの相談は無料としているケースがある

着手金 貸金業者1社あたり0~5万円 任意整理を弁護士に依頼する時に支払う費用
基本報酬 貸金業者1社あたり0~5万円 任意整理で減額に成功した場合支払う報酬
過払い金請求訴訟成功報酬 還付金の約20%〜 利息制限法に基づいて引き直した利息により、過払い金を取り戻せた際に支払う成功報酬

過払い金があるかどうかによって変わりますが、おおよそ10~30万円が弁護士に依頼する際にかかる費用です。

他の債務整理にかかる費用と相場【25万円~100万円】

借金を解決できる債務整理は、任意整理の他に個人再生と自己破産の2種類があります。それぞれの手続きにかかる費用と相場を以下に表としてまとめたので、依頼をする際の参考にしてください。

個人再生 自己破産
裁判にかかる費用相場 15~30万円 10~50万円
弁護士にかかる費用相場 10~50万円 30~60万円
合計費用相場 25~80万円 40~100万円

任意整理費用を払えない場合どうすればいいのか?

どうしても任意整理費用を払えない場合どうすれば良いのでしょうか?

ここでは任意整理費用が払えない場合における対処方法を解説します。

相談無料の事務所を利用する

相談無料の事務所に相談しましょう。

そもそも任意整理の相談を弁護士事務所に相談する人は、お金がない人がほとんどなのであまり心配する必要はありません。

無料相談で今後の流れや対処の仕方を全て教えてもらえるため、任意整理費用が払えない人でも安心です。

法テラスを利用して依頼する

法テラスとは、国によって設立された法的トラブル解決のための総合案内所です。

法テラスでは、一定の条件を満たした人に対して相談を受け付けています。

【法テラスの無料相談が利用できる条件】

人数 手取月収額の基準 家賃又は住宅ローンを負担している場合に
1人 18万2,000円以下

(20万200円以下)

4万1,000円以下

(5万3,000円以下)

2人 25万1,000円以下

(27万6,100円以下)

5万3,000円以下

(6万8,000円以下)

3人 27万2,000円以下

(29万9,200円以下)

6万6,000円以下

(8万5,000円以下)

4人 29万9,000円以下

(32万8,900円以下)

7万1,000円以下

(9万2,000円以下)

参考:費用を立て替えてもらいたい|法テラス

また弁護士費用の立て替えサービスも利用できます。生活保護者であれば、弁護士費用を免除してもらうことも可能です。

分割払いを利用する

一括で任意整理費用を支払えない場合は、分割払いに対応している弁護士事務所に相談しましょう。

弁護士事務所側もお金がないことは承知しているので、ある程度柔軟に分割払いに対応してくれます。ただし長期間任意整理費用を支払えない場合は、手続きを断られる可能性もあります。

支払いを一時ストップする

元金や利息の支払いに追われており任意整理費用を支払う余裕がない人は、まず任意整理を進めてしまうのも有効です。

実は任意整理の期間中は、取り立てや催促だけではなく支払いも一時ストップします。手続き期間の間にお金を貯めておき、後から任意整理費用を支払うことも可能です。

相談すれば柔軟に対応してくれる弁護士事務所もあるので、1度聞いてみることをおすすめします。

自分で任意整理をする

どうしても任意整理費用を支払えない、もしくは任意整理費用を弁護士に支払いたくない人は自分で手続きを進めることも可能です。

しかし債権者が相手をしてくれなかったり、手続きに失敗してしまい状況が悪化してしまったりする可能性もあります。

また弁護士に依頼すれば催促や取り立てが止まり支払いも一時ストップしますが、自分で手続きをすれば継続して催促や取り立て、支払いを行わなければなりません。一部の債権者のみに弁済をすると、偏頗弁済という免責不許可事由にも該当する可能性があるので注意が必要です。

任意整理を弁護士に依頼するメリット

任意整理を弁護士に依頼するメリットを解説します。

弁護士費用の元がとれないことはほぼない

弁護士にお金を支払うと損をしてしまうのではと考えている人もいるかもしれません。

確かに任意整理で減った借金の額よりも、弁護士費用の方が高ければ手続きをする意味がありません。

しかし任意整理で弁護士費用の元がとれないことはほとんどないので、安心してください。なぜならどの弁護士事務所でも、任意整理にかかる弁護士費用は1社あたり2~5万円と減った借金額の約10%に収まるためです。

例えば1社に300万円の借金をしており、金利が年利15%だとして、毎月10万円を返済したと仮定した場合、約3年間で利息が約78万円前後払うことになります。

しかし任意整理がうまくいけば、利息78万円を支払う必要がありません。

上記の借金額で任意整理を行った場合、どのくらいの費用がかかるかを比較しましょう。

【任意整理をした場合に必要な費用】

  • 弁護士相談料:0~1万円
  • 着手金+報酬金:2~5万円
  • 減額報酬金:利息78万円の10%=7.8万円
  • 合計:9.8~13.8万円

任意整理をしなかった場合利息約78万円を支払わなければなりませんが、任意整理をした場合は約9.8~13.8万円まで抑えることができます。

このように弁護士費用の元がとれないことはほとんどないので、マイナスになってしまう心配はありません。

催促・取り立てを止められる

ご依頼後、弁護士は債権者に受任通知を送ります。

金融機関や消費者金融などの債権者が受任通知を受け取った場合、それ以降債務者に対する直接の催促や取り立ては禁じられています。

1度任意整理さえ始まってしまえば、毎日のように催促や取り立てに苦しんできた人も電話がかかってくる心配はありません。また自宅や職場に催促の電話や手紙が届くこともありません。

関連記事
受任通知とは、弁護士が依頼者の代理人に就任したことを相手方に知らせる通知のことです。 債務整理の場合、貸金業者や債権回収会社からの督促や取立てをストップさせる効果があります。 この記事では、以下を詳しく説明します。 受任通知とは? 受任通知...

面倒な手続きはすべて任せられる

任意整理を個人で行う場合、複雑な手続きや債権者との交渉を全て自ら行わなければなりません。

業者によっては個人の任意整理の申し出は一律拒否するとマニュアルで定めているところもあります。

手続きを進めても業者に拒否されてしまえば時間が無駄になってしまうので、任意整理の面倒な手続きはすべて弁護士に依頼して、生活を立て直すことだけに集中するのがおすすめです。

家族や友人にバレるリスクを減らすことができる

自分で任意整理を進める場合、債権者と直接やり取りをしなければなりません。電話や書類などの連絡が直接自宅に来ることもあるので、同居している家族や友人に借金がばれてしまう可能性が高いです。

弁護士に依頼すれば、必要書類や債権者との連絡も全て代理で行なってくれるので、家族や友人に借金や任意整理をしていることがバレる心配もありません。

交渉によって借金額を減らすことができる可能性も

任意整理を弁護士に依頼すれば、以下のような有利な条件で交渉を終えることができる可能性もあります。

  • 将来の利息はつけない
  • 分割払いは債務者の都合に合わせる

任意整理に強い弁護士であれば、金融機関や消費者金融がこれまでどのように対応してきたのか把握しています。

そのためスムーズに交渉を進めることができ、有利な条件で任意整理を終えることも可能です。費用を節約するために自分で手続きを進めると、より事態が悪化することもあるため最初から弁護士に依頼しましょう。

まとめ|当事務所は分割払いにも対応【月3万円~】

任意整理の費用が払えない方は、分割払いを利用しましょう。

現在の借金額や収入に応じて、任意整理ではなく個人再生や自己破産を選んだ方が、ご希望に沿う場合があります。

弁護士に相談すれば、費用面を含めてどの手続きを選べば良いのか検討できます。費用が払えず任意整理をためらっている方は、1度ご相談ください。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら