自己破産をするとお金や財産はすべて没収?残せるお金や財産はない? - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

自己破産をするとお金や財産はすべて没収?残せるお金や財産はない?

自己破産をすると、家や車、預貯金や手元のお金も全部没収されてしまうの?家具や家電、身の回りのものはどうなるの?とご不安な方も多くいらっしゃると思います。

自己破産とは、持っている財産を処分(換金)して、債権者(お金を貸してくれていた金融機関など)に配当するので、残りの借金の返済はすべて免除してください、というものです(税金や養育費など一部支払義務が免除されないものもあります)。

しかし、実際にはすべての財産を処分しなくてはいけないわけではありません。自己破産したあと、生活を立て直して再出発しなくてはならないのですから、それに必要な財産は手元に残すことができます。

どのような財産を手元に残せるのでしょうか?

現金や財産、残せるものの具体的な例とは?

1.99万円以下の現金

99万円以下の現金は手元に残すことができます。実際には99万円も手元に置いている方は少なく、預貯金などをしている場合が多いかと思います。

しかし、あくまで手元に残せるのは99万円以下の現金です。預貯金は現金に準じて処理されるケースもありますが、注意が必要です。

預貯金から引き出しておくとしても、裁判所には財産隠しととられる可能性もあります。個別の事情については弁護士に相談することをおすすめします。

2.差し押さえが禁止されている財産

法律上、差し押さえを禁止されている財産があります。たとえば、生活必需品である家具や家電、衣類などです。これらは処分されることなく手元に残すことができます。

ただし、同じ家電がいくつもあったり、高級なブランドのものであったりする場合にはそれらの財産は処分される可能性もあります。

また、年金や生活保護を受け取る権利は差押禁止債権となっていますが、一度口座に振り込まれると預貯金として差し押さえをされてしまう可能性もあるので注意が必要です。

3.新得財産

新得財産とは、破産手続開始決定後に取得した財産のことです。

たとえば、破産手続開始決定後に振り込まれた給与などは、処分されることはありません。

4.自由財産の拡張を認められた財産

上記1~3以外の財産であっても、裁判所の決定により手元に残すことを認めてもらえる場合があります。これを自由財産の拡張と言います。

破産者の生活の状況、破産手続開始の時において破産者が有していた財産の種類及び額、破産者が収入を得る見込みその他の事情を考慮して、決定されます。

ただし、裁判所によっても判断が異なりますし、破産者の状況によっても大きく異なりますので、個別の事情については弁護士にご相談ください。

5.破産管財人によって放棄された財産

最後に、破産管財人によって放棄された財産も手元に残すことができます。

価値がないものや、価値があっても買い手が見つからないものなど、お金に換えて債権者に配当することが難しい財産などがこれにあたります。

破産管財人が裁判所の許可を得て、その財産を放棄し自由財産となります。

自己破産をしても、すべての財産が処分されるわけではない!

自己破産をしても、すべての財産が没収されてしまうわけではない、ということがおわかりいただけましたでしょうか?

しかし、お金に換えられる大きな財産は処分されてしまいます。家や車など、わかりやすい財産ほかにも、将来もらえる予定の退職金や解約返戻金のある生命保険なども財産として扱われます。

ひとりひとりの事情によって残せるものと手放さなくてはならないものは異なります。また、各地の裁判所によっても運用が異なりますので、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら