同種前科がある中での万引きで、執行猶予を獲得した事例事例

40代女性・パート
罪名
窃盗罪
結果
執行猶予

ご依頼の背景

ご依頼者様は、お金がないわけではないものの、万引きを繰り返していました。
子供にプレゼントするためのゲームを万引きした事例で、万引き後にそのまま店の従業員によって警察に引き渡されました。
同種前科が3犯あり、またご家族の事情としてはお子さんもおり、さらに時間的に面会に行けそうなご家族が足が悪く頻繁に面会に行くことが難しいご事情がありました。

 

犯罪行為 万引き

サポートの流れ

面会に行くことが難しいご家族の事情もあり、弁護士が面会に頻繁に行きました。また、ご依頼者様は万引きを重ねていたため、万引きをすると店にどのような損害があるかについて丁寧に説明し、理解をしてもらいました。さらに、自分が万引きをすることでご家族にも迷惑がかかっているご事情を説明し、二度と万引きをしないためにはどうすればよいかにつき、ご依頼者様にも考えてもらいました。
ご依頼者様はこれまで拒否をしていた病院への通院についても理解を示し、病院への通院を誓約しました。万引きをした店が示談には絶対に応じていないとのことでしたので、示談ができませんでした。

 

結果

上記事情のなか、被告人質問や報告書等により、ご依頼者様の反省した態度が認められたこともあり、執行猶予判決を獲得できました。

その他の解決事例

万引きで起訴される直前に依頼を受けて行なった弁護活動により不起訴処分を獲得した事例

ご依頼の背景 ご依頼者様は、ご依頼の2ヶ月前に万引きを理由として逮捕され、その後釈放されて在宅捜査を受けていました。ご依頼者様自ら被害店舗に謝罪に行き、被害弁償を行なっていました。被害弁償をした際、被害店舗の責任者からは...
不起訴処分
30代男性・会社員

最短即日対応/夜間土日祝日対応/不起訴・釈放に向け迅速に弁護します 逮捕されたらすぐご連絡ください!

0120-949-231
受付時間24時間365日/メールでの相談予約はこちら
pagetop
0120-949-231
無料相談予約はこちら
支店一覧/アクセス