一度逮捕されたら裁判が終わるまで、出てこられないのですか?

A.裁判が終わるまで、出てこられないケースもあります。

しかし、全てのケースで出てこられないわけではないです。
身体拘束は、身体の自由を制限するものです。したがって、いくら捜査機関による身体拘束であっても、厳格な要件があります。身体拘束の要件を欠くにいたった場合は、身体拘束は解かれます。

弁護人としては、まず被疑者から詳しい事情を聞き取り、身体拘束の要件を欠いていることを理由にして、身体拘束を解くように不服を申し立てます。或いは、捜査機関に働きかけることになります。
つまり、身体拘束期が解かれる可能性は十分にあります。

また、起訴後は保釈請求をすることができます。一定の保釈金と保釈の要件に該当することが必要ですが、保釈の要件が緩やかなので、起訴前に比べて身体拘束の解放の可能性が高まります。

関連記事

  1. 強制わいせつ事件で示談となる場合、どのような内容になるのでしょう…
  2. 盗撮事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  3. 痴漢を犯したのが成人の場合と、未成年の場合では、何か違いがありま…
  4. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  5. 弁護人は何をしてくれるのですか?
  6. 痴漢で罰金刑になった場合、どの程度の罰金額のケースが多いでしょう…
  7. 痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いよ…
  8. 盗撮で逮捕された場合、警察から勤めている会社に連絡がいくことは考…