強制わいせつ事件で示談をする場合、どのタイミングでの示談が一番良いのでしょうか?

A.起訴前に示談できるのが最適です。

起訴前であれば、ほぼ確実に不起訴となります。起訴されてしまうと、被害者は告訴を取り下げることができなくなります。よって、示談のメリットは少し下がります。起訴後は、執行猶予を目指して示談を行っていきます。

関連記事

  1. 痴漢事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  2. 正式に弁護士を依頼する前に、とりあえず本人に会いに行ってもらうこ…
  3. 痴漢で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  4. 痴漢で逮捕され大変反省しています。示談金以外で被害者の方に反省の…
  5. 痴漢事件の場合、強制わいせつ罪や迷惑防止条例違反になる事が多いよ…
  6. 夫が痴漢で逮捕されてしまいました。当事者でなく家族ですが、弁護人…
  7. 痴漢で逮捕された際、弁護士に依頼する事は、どのようなメリットがあ…
  8. 盗撮事件の場合、迷惑防止条例違反になる事が多いように思いますが、…