在宅事件とはどのような事件ですか?

A. 在宅事件は、捜査中であっても通常の生活を続けることが可能です。

これに対して、身柄拘束をして捜査する事件を身柄事件と呼びます。
なお、在宅事件は、あくまで身柄拘束をされないだけですので、起訴されないわけではありません。弁護活動が重要であることに変わりはないです。

関連記事

  1. 示談が大切な理由を教えてください。
  2. 盗撮事件の場合、迷惑防止条例違反になる事が多いように思いますが、…
  3. 痴漢で逮捕された場合、必ず前科がついてしまいますか?
  4. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  5. 盗撮事件の被害者と示談したいと考えています。どのようにしたら被害…
  6. 夫が痴漢で逮捕されてしまいました。当事者でなく家族ですが、弁護人…
  7. 痴漢で罰金刑になった場合、どの程度の罰金額のケースが多いでしょう…
  8. 強制わいせつ事件で示談となる場合、どのような内容になるのでしょう…