在宅事件とはどのような事件ですか?

A. 在宅事件は、捜査中であっても通常の生活を続けることが可能です。

これに対して、身柄拘束をして捜査する事件を身柄事件と呼びます。
なお、在宅事件は、あくまで身柄拘束をされないだけですので、起訴されないわけではありません。弁護活動が重要であることに変わりはないです。

関連記事

  1. わいせつな行為をした相手が13歳未満とは知らなかった場合も強制わ…
  2. 面会に行くにあたっての注意事項はありますか?
  3. 接見禁止がついているので、面会は無理だと言われました。どうすれば…
  4. 初犯と再犯では再犯の方が罪が重くなりますか?
  5. 一度逮捕されたら裁判が終わるまで、出てこられないのですか?
  6. 未成年に対してわいせつ行為をしてしまいました。このような場合、誰…
  7. 強制わいせつ事件で示談をする場合、どのタイミングでの示談が一番良…
  8. 盗撮で逮捕された場合、警察から勤めている会社に連絡がいくことは考…