任意整理しない方がいいって本当?任意整理のリスクを解説します - 債務整理は弁護士に相談【ネクスパート法律事務所】

任意整理しない方がいいって本当?任意整理のリスクを解説します

借金に苦しむ人の中には、任意整理を検討している人もいるかもしれません。

しかし、ネットで任意整理と調べると、しない方がいいと予測変換で出てくることがあります。

任意整理にはどのような落とし穴があるのでしょうか?

この記事では、任意整理について、以下の点を解説します。

  • なぜ任意整理しない方がいいと言われているのか
  • 任意整理をしない方が良いケース
  • 任意整理をした方が良いケース

任意整理をしようか迷っている人は、ぜひご参考ください。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら

【前提知識】任意整理とは

任意整理の概要を簡単にご説明します。既にご存知の方は読み飛ばしてください。

任意整理は借金解決手段の1つ

任意整理は債務整理の1つです。金利の引き直しや、カットによって借金額を減らす手続きです。

借金の開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利に金利を引き下げ再計算し、借金を減額。原則金利をカットして元本のみを3年程度の分割払いで支払う契約を貸金業者と結びます。

任意整理では、他の債務整理のデメリットを避けつつ、返済金を減額できます。

任意整理で行うこと

任意整理で行うことは、貸金業者との交渉です。

交渉では、主に以下の内容を話し合います。

  • 将来支払う利息をカットする
  • 現在の借金額から利息分を減額する
  • 3~5年の分割払いで借金を返済する

貸金業者と交渉して、問題なければ契約を結びます。

任意整理を利用できる条件

任意整理を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 利息をカットした上で元金を3~5年で返済できる収入があること
  • 借金を全て返すまで返済を続ける意志があること
  • 毎月の収入があること
  • 貸金業者が任意整理の交渉に応じてくれること

和解した後は、決められた返済額を毎月返済していく必要があります。

そのため、毎月の収入と返済の意思がなければ任意整理を利用できません。

任意整理と他の債務整理手続きの違い

債務整理には、任意整理の他にも個人再生と自己破産があります。

任意整理との違いは、以下のとおりです。

任意整理 個人再生 自己破産
裁判所を利用するかどうか 利用しない 利用する 利用する
支払不能であることが必要か 不要 必要 必要
借金がどれくらい減額されるか ・原則将来の金利のみ

・元金は支払わなければならない

約5分の1程度

 

 

借金の返済義務がなくなる

任意整理しない方がいいと言われる理由

なぜ任意整理しない方がいいという意見があるのでしょうか?

理由を具体的に見ていきましょう。

ブラックリストに登録されてしまう

理由の一つとして、信用情報機関のブラックリストに登録されることが挙げられます。

ブラックリストに登録されるデメリットは…

  • 新たな借入ができない
  • 新規クレジットカードの利用・作成ができない
  • 賃貸住宅の契約が難しくなることも
  • 奨学金の保証人になれない
  • 新規スマートフォンの分割払い契約ができない

なおブラックリストに登録される期間は3~5年程度であり、その後は新しい借り入れが可能です。

クレジットカードが使えなくなる

クレジットカード利用分を任意整理した場合、次のようなデメリットがあります。

  • 任意整理するクレジットカードが即日使えなくなる
  • 利用しているETCカードや家族カードも使えなくなる
  • クレジットカードに貯まっていたポイントは全て失効する
  • 任意整理しないクレジットカードも使えなくなる
  • ブラックリストに登録される

特に家族カードを使っていた人は、家族に任意整理をしたことがバレる可能性もあります。

借金の元金は返済する必要がある

任意整理はあくまでも将来利息と遅延損害金をカットして、借金を減らす手続きです。

元金は返済しなければなりません。

口座凍結の可能性がある

以下のケースに該当する場合、銀行口座が凍結される可能性があります。

任意整理の対象としている銀行カードローンの銀行口座がある

例えば、三井住友銀行のカードローンを任意整理の対象とした場合、現在所有している三井住友銀行の口座はほぼ確実に凍結されます。

いくつかの支店に口座を有している場合、全ての口座が凍結対象となるため、あらかじめ預金を引き出しておくなどの対策をしなければなりません。

任意整理の対象としている消費者金融と同系列の銀行口座がある

消費者金融によっては、同じグループ系列の銀行が存在する場合もあります。

例えば、消費者金融アコムは三菱UFJ フィナンシャル・グループの系列会社です。また保証会社でもあるため、三菱UFJ銀行のカードローンとアコムから借金をしていた場合、アコムの借金を任意整理したとしても、三菱UFJ銀行の口座が凍結される可能性があります。

手続に費用がかかる

任意整理手続きを弁護士などに依頼する場合、約5~10万円の費用がかかります。

貸金業者が任意整理に応じてくれないこともあるから

貸金業者の中には、任意整理に応じない業者も存在します。

債権者には、任意整理に応じる義務はありません。

ただし弁護士が任意整理を進めれば、ほとんどの貸金業者は交渉に応じます。

なぜなら貸金業者としても…

  • 自己破産されてしまい返済されないよりは任意整理の方がマシだから
  • 任意整理を断ったところで結局返済するのは難しいから
  • 裁判をしたとしても回収できる可能性が低いから

個人で手続きを進めると相手にしてくれない可能性が高いので、弁護士に依頼するのが無難です。

関連記事
借金の返済ができなくなってきたときに考えるのは、自己破産・個人再生・任意整理などの債務整理です。 この中でも、任意整理は裁判所を通すことなくできること、また自己破産のようなあまりよくないイメージも薄いため、まずは任意整理で解決できないかと相...

任意整理をしない方がいいケース

任意整理をしない方がいいケースについて解説します。

3~5年で元金を返済できなそう

任意整理はあくまでも利息をカットするだけで、抱えている借金の元金は返済しなければなりません。

そのため、3〜5年程度の期間で元金を返済することも難しいのであれば、貸金業者との交渉に失敗します。

借金の元金が100~300万円の場合における、3~5年の返済額の一例です。

元金 36回払いの毎月返済額 60回払いの毎月返済額
100万円 27,778円 16,667円
200万円 55,556円 33,334円
300万円 83,333円 50,000円

例えば、元金300万円を5年で返済する場合、5年間確実に毎月5万円を返済に回せる収入が必要です。

3~5年で元金を返済できない場合は、自己破産がおすすめです。

借金の金利が低く、長期分割弁済を行っている

借金の金利が低い場合、任意整理によって利息をカットしてもあまりメリットはありません。特に住宅ローンを任意整理してしまうと、持ち家を失ってしまう可能性があります。

また借金の金利が低く、返済期間が長期である奨学金も、あまり任意整理には向いていません。

借り入れしている金融機関に返済を猶予してもらえないか相談をして、条件を変更してもらうなどの対応をしましょう。

ブラックリストに登録されるのが嫌

クレジットカードやカードローンが利用できなくなるのが嫌な場合、任意整理はおすすめできません。

特にクレジットカードと利用している口座が同じ金融機関の場合、口座が凍結される可能性があります。

多重債務に陥っている

任意整理をすれば金利をカットできるので、一時的に返済の負担は軽くなります。しかしすでに多重債務に陥っている場合、借金を根本的に解決できるわけではありません。

また複数の貸金業者から借金をしている場合、それぞれの業者との交渉が必要です。

任意整理ではなく個人再生や自己破産を検討しましょう。

関連記事
多重債務(たじゅうさいむ)とは、借金を繰り返して借入先が増え、返済が困難になった状態のことです。 お金に関する悩みは他の人に相談しにくい内容のため、誰にも打ち明けることができず多重債務に苦しんでいる人も多いです。 そこで今回は、多重債務に関...

借金返済の目処が立つ

一時的に返済が難しい状態に陥っているだけで、将来的に借金返済の目処が立つ場合は任意整理をしない方が良さそうです。

例えば、以下のケースに該当する場合、貸金業者に相談すれば利息分だけの返済に応じてくれる可能性があります。

  • 病気や事故で一時入院している
  • 転職して給料日が変わった
  • 冠婚葬祭で出費が重なってしまった

債権者が訴訟準備に入っている

債権者が訴訟準備に入っている場合、債権者は交渉に応じてくれない可能性が高いです。

訴訟が始まると、強制執行される可能性もあります。人によっては貯金や給料が差し押さえられるかもしれません。

この場合は、任意整理ではなく自己破産や個人再生を検討しましょう。

任意整理をした方がいいケース

任意整理をした方が良いケースについて解説します。

利息がなければ返済できる

現在安定した収入があり、利息さえなければ完済できる人は任意整理をした方が良いでしょう。

借金が長引くうと利息も膨れ上るので、早めに任意整理することをおすすめします

返済期間が長期にわたっている

完済の見込みがない場合は、債務整理を検討しましょう。

利息がなければ完済できる場合は任意整理を。そうでない場合は自己破産をお考えください。

周囲にばれずに解決したい

自己破産や個人再生の場合、持ち家や車などの財産は全て手放さなければなりません。場合によっては周囲にばれてしまうため、抵抗感がある人も多いです。

以下のようなケースに該当しない場合、任意整理であれば家族や友人にばれることなく借金問題を解決できます。

  • 家族カードのクレジットカードを利用している
  • 家族が借金の連帯保証人となっている
  • 弁護士や債権者の書類を勝手に見られてしまう
  • 弁護士からの電話を家族が受けてしまう

事前に弁護士に相談していれば、指定された時間以外の電話や自宅への郵便物の送付は避けることができます。

まとめ

任意整理は利息をカットすることで、借金の負担が軽くなる手続きです。

ただし全ての人に適している手続きではありません。他の債務整理手続きである自己破産や個人再生の方が、解決手段として適している場合があります。

任意整理しない方がいいのか判断するためには、弁護士に相談するのがおすすめです。債務整理に精通している弁護士であれば、どのような方法で解決すれば良いのかアドバイスをしてくれます。

任意整理しているか迷っている間に利息が膨れ上がってしまうと、ますます借金返済が困難になってしまうので、できるだけ早い段階で弁護士へ相談しましょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら