不貞行為により婚姻関係が破綻したとして慰謝料200万円を認めた事例

不二夫が、不二子と不貞行為に及んだ愛之助に対し、不法行為に基づき,慰謝料の支払を求める事案である。

愛之助は不二子と知り合い、不二子が婚姻していることを知りながら不貞関係を継続した。不二夫は、本件不貞行為が発覚した後、訴訟提起に至ったが、愛之助はは公示送達による呼出しを受けても,本件口頭弁論に出頭しなかった。

不貞行為が4年を超える期間にわたって続いたこと,本件不貞行為により約8年に不二夫らの婚姻関係が破綻して離婚するに至ったこと,他方で,本件不貞行為が愛之助の一方的な主導によって継続したとまではうかがわれないこと,そのほか一切の事情を踏まえ不二夫が受けた精神的苦痛に対する慰謝料としては200万円が相当とされた。

当事者の情報

不貞期間約4年5カ月
請求額300万円
認容額200万円
子供人数
婚姻関係破綻の有無不貞行為により婚姻関係が破綻した

関連事例

  1. 不貞行為の結果、40年の婚姻関係が破綻した一方で、関係が悪化…

  2. 既婚者であることを認識できていなかったことが認められ、慰謝料…

  3. 不貞行為があったこと、及び行為の態様や結果、それにより自殺未…

  4. 不貞行為の期間が短く回数も数回程度、現在も婚姻関係の継続に向…

  5. 時効の起算点は長男出生後の1年後であるとして、既に損害賠償請…

  6. 不貞行為によって協議離婚するに至ったと解することができ、精神…

検索

最近の記事

ご相談は無料です。
まずはお気軽にご相談ください。
  • 相談無料
  • 相手に合わせなくてOK
  • 全国対応
0120-82-1010
平日9:00-21:00 対応
メールにて
24時間受付中
PAGE TOP