法律・判例
記事一覧articles
コロナ禍における産業医による会社訪問の要否について

Q産業医は月に1回会社を訪問しないといけないと聞きますが、コロナ禍でも訪問は必須になるのでしょうか。 Aコロナ禍に限らず、オンラインでの巡視も実務的には認められています。 解説 まず法律の話ですが、産業医が月に1回会社を […]

▶︎ 続きを読む

オンライン診療において、院内調剤を発送する際の留意点

医療コンサルタント等が、オンライン診療をサポートするために、院内調剤の保管や発送の事務を請け負うことが認められるかという質問を多く受けています。 しかし、そもそも院内調剤が認められるための診療所・病院の調剤所には構造設備 […]

▶︎ 続きを読む

オンライン診療に関する法律の整理

対面ではなくオンラインで医療行為が認められるための要件 厚生労働省におけるオンライン診療ガイドラインにおいて、患者への説明、患者の同意、適用対象、診療計画、本人確認、薬剤処方・管理、診察方法などについて、最低限遵守すべき […]

▶︎ 続きを読む

広告違反の指導及び措置

行政指導 医療法又に違反することが疑われる広告又は違反広告の疑いがある情報物を発見した際には、通常はまず、任意の調査として、当該広告又は情報物に記載された医業を行う医師等又は診療所若しくは病院に対して、説明を求める等によ […]

▶︎ 続きを読む

広告可能な事項について

医療に関する広告として広告可能な範囲 医療法第6条の5第3項の規定により、医療法又は広告告示により広告が可能とされた事項以外は、文書その他いかなる方法によるを問わず、何人も広告をしてはならないこととされています。 医療機 […]

▶︎ 続きを読む

広告可能事項の限定解除の要件等

基本的な考え方 医療法第6条の5第3項の規定により、医療法又は広告告示により広告が可能とされた事項以外は、広告してはならないこととされていますが、同項の規定により、患者が自ら求めて入手する情報については、適切な情報提供が […]

▶︎ 続きを読む

禁止される医療広告について

禁止の対象となる広告の内容 医療法第6条の5第1項の規定により、患者等に著しく事実に相違する情報を与え、適切な受診機会を喪失したり、不適切な医療を受けさせるおそれがあることから、内容が虚偽にわたる広告は、罰則付きで禁じら […]

▶︎ 続きを読む

医療広告の規制の対象範囲

広告の定義 医療に関する表示の全てが広告に該当するものとして規制を受けるわけではなく、次の①及び②の両方の要件を満たす場合に、広告に該当するものと判断されます。 ① 患者の受診等を誘引する意図があること(誘引性) ② 医 […]

▶︎ 続きを読む

医療広告の規制の趣旨

基本的な考え方 医療に関する広告は、患者等の利用者保護の観点から、次のような考え方に基づき限定的に認められた事項以外は、原則として広告が禁止されています。 ① 医療は人の生命・身体に関わるサービスであり、不当な広告により […]

▶︎ 続きを読む

アクセス
Access
弁護士法人ネクスパート法律事務所

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル7階

TEL: 03-5357-1901 FAX:03-5357-1902

アクセス情報

JR・東京駅(八重洲地下街5番出口から徒歩5分)

銀座線・京橋駅(6番出口から徒歩30秒)

有楽町線・銀座一丁目駅(7番出口から徒歩4分)

都営浅草線・宝町駅(A5番出口から徒歩4分)

「こんな広告表現は許されるか?」「薬務課や保健所から連絡が来てしまった。」
その他ご質問等、お気軽にお問い合わせください。
リモートでのお問い合わせも歓迎しています。
                   お問い合わせ