カテゴリー: 薬機法,法律・判例

罰則の対象者

製造元、販売元だけでなく、広告代理店、アフィリエイター、インフルエンサーなど、業務に関わる全ての者に罰則が科される可能性があります。

法人の役職員等が、業務に関して違反した場合には、法人にも罰金刑が科される可能性があります。

摘発の流れ

まず、捜査機関がサイバーパトロールにより違反を発見し、捜査対象として捜査を開始します。

その数か月後に、捜索差押により、会社と関係者宅に強制捜査が行われ、さらにその2~3か月後のある日の朝、関係者がまとめて逮捕され、報道されるということが多いです。

逮捕され、拘留されると、保釈まで合計23日+αの間留置施設から出られず、その後裁判で実刑となれば刑務所に入ることになります。

未承認の医薬品等の販売に関する罪

未承認の医薬品の販売は薬機法55条2項により禁止されています。

そして、これに反すると、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらを併科されることとなります(薬機法84条18号)。

未承認の医薬品等の広告に関する罪

未承認の医薬品の販売は薬機法68条により禁止されています。

そして、これに反すると、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金またはこれらを併科されることとなります(薬機法85条5項)。

【薬機法】 法律・判例の最新記事
アクセス
Access
弁護士法人ネクスパート法律事務所

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル7階

TEL: 03-5357-1901 FAX:03-5357-1902

アクセス情報

JR・東京駅(八重洲地下街5番出口から徒歩5分)

銀座線・京橋駅(6番出口から徒歩30秒)

有楽町線・銀座一丁目駅(7番出口から徒歩4分)

都営浅草線・宝町駅(A5番出口から徒歩4分)

「こんな広告表現は許されるか?」「薬務課や保健所から連絡が来てしまった。」
その他ご質問等、お気軽にお問い合わせください。
リモートでのお問い合わせも歓迎しています。