カテゴリー: 医療法,相談事例

院長が在宅でオンライン診療を行うために、診療所に医師が不在の時間を作ることについて、何か問題はありますか。

結論としては、管理者(院長)が診療所の開院時間に一部不在の時間があるとしても、「管理を常にできる状態にあれば」問題ありません。ただし、診療所にほとんど不在の状態の場合、別途、「適切な診療の提供が可能なのか」という問題も生じえます。

解説

管理者(院長)については、当該病院または診療所に「常勤」しなければならないとされています。

しかし、この「常勤」の意味は、往診などもありますし、常に当該病院または診療所にいなければならないわけではありません。

診療所に管理者が所在していない場合に、常勤義務が果たされているかについてどのように判断するかというと、保健所は以下のように判断しているようです。

①病院など、人員要件がある場合

常勤医師の実際の勤務時間の定めが必要となります。

32時間ルールなどがこれにあたります。

もっとも、病床のない診療所(クリニックなど)には人員要件はありません。 

②診療所(クリニックなど)人員要件が無い場合

管理者の常勤義務(通達上の義務)の趣旨に鑑みて、管理を常にできる状態にあるか によって判断する。

ここで大事なことは、管理を常にできる状態にあるか、という判断基準ですが、何かあれば、すぐに連絡ができる状態になっているか、対応できる状態になっているか、というように判断されます。

極端な具体例として、医師が院長のみのクリニックで、コロナ渦、常時自宅にてオンライン診療を実施することが可能かどうかも検討しましょう。

この点については、通達などがあるわけではありませんが、常時自宅でのオンライン診療のみで、適切な診療が可能なのか、というところがポイントになります。

もし在宅の時間が多くなるようであれば、セキュリティを加味した上で、在宅でもカルテの管理を行うことができるように、また、クリニックの薬品庫などにはカメラを設置して、常時在庫の確認をしたり、発送に関する管理も行うことができるようなシステムを導入することが好ましいでしょう。社会のニーズに応じて、オンライン診療が適切に運用されていくことを期待したいと思います。

【医療法】 相談事例の最新記事
アクセス
Access
弁護士法人ネクスパート法律事務所

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル7階

TEL: 03-5357-1901 FAX:03-5357-1902

アクセス情報

JR・東京駅(八重洲地下街5番出口から徒歩5分)

銀座線・京橋駅(6番出口から徒歩30秒)

有楽町線・銀座一丁目駅(7番出口から徒歩4分)

都営浅草線・宝町駅(A5番出口から徒歩4分)

「こんな広告表現は許されるか?」「薬務課や保健所から連絡が来てしまった。」
その他ご質問等、お気軽にお問い合わせください。
リモートでのお問い合わせも歓迎しています。
                   お問い合わせ