法律・判例
記事一覧articles
医薬品とは? 広告、個人輸入

医薬品とは? 薬機法上、医薬品とは、以下のように定義されています。なお、妊娠は疾病ではありませんが、ピルなどの避妊薬も医薬品に含まれます。 ① 日本薬局方に収められている物② 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用さ […]

▶︎ 続きを読む

薬機法の概要

薬機法の趣旨 薬機法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の品質、有効性及び安全性の確保並びにこれらの使用による保健衛生上の危害の発生及び拡大の防止のために必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関 […]

▶︎ 続きを読む

販売に際し、高血圧、動脈硬化、肝臓疾患、便秘等に効果がある旨記載したポスターや、これらの疾患・症状に薬理作用を示す治験例集計紙を添付するなどして、その医薬品的効能効果を演述宣伝した事実を斟酌して「医薬品」に該当するとされた事例(最判昭和63年4月15日)

(原審:東京高判昭和59年9月12日) (原々審:横浜地判川崎支部昭和58年12月21日) ▶︎ 関連事例最判昭和57年9月28日 ※販売の際の演述を斟酌して、「医薬品」への該当性を判断した事例 事案の概要 ある販売業者 […]

▶︎ 続きを読む

「医薬品」の該当性の判断基準を示した上で、クエン酸等を主成分とする製品を高血圧等によく効くと演述、宣伝して販売した場合、当該製品が「医薬品」に該当するとされた事例(最判昭和57年9月28日)

(原審:東京高判昭和55年11月26日)(原々審:東京地判昭和55年3月13日) ▶︎ 関連事例|最決昭和57年2月12日 ※本件と同様に、医薬品の該当性を判断するにあたり販売の際の演述が斟酌された事例 事案の概要 ある […]

▶︎ 続きを読む

高血圧や肝臓に効くなどと宣伝して販売された「高麗人参濃縮液」と称する製品が薬事法(現薬機法)2条1項の「医薬品」に該当するとされた事例(最決昭和57年2月12日)

(原審:広島高判昭和55年2月26日)(原々審:山口地裁徳山支部判決昭和54年9月28日) 事案の概要 高麗人参凝縮液は、生薬を煮つめた臭いを感ずる茶黒色の粘稠(ネンチュウ)物質であり、その成分はサポニンの含量が約8パー […]

▶︎ 続きを読む

アクセス
Access
弁護士法人ネクスパート法律事務所

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル7階

TEL: 03-5357-1901 FAX:03-5357-1902

アクセス情報

JR・東京駅(八重洲地下街5番出口から徒歩5分)

銀座線・京橋駅(6番出口から徒歩30秒)

有楽町線・銀座一丁目駅(7番出口から徒歩4分)

都営浅草線・宝町駅(A5番出口から徒歩4分)

「こんな広告表現は許されるか?」「薬務課や保健所から連絡が来てしまった。」
その他ご質問等、お気軽にお問い合わせください。
リモートでのお問い合わせも歓迎しています。