カテゴリー: 薬機法,法律・判例

大阪府の吉村知事が、8月4日の記者会見において、「ポピドンヨードによる、うがい薬をすることによって、このコロナにある程度打ち勝てるのではないかとすら思っている」と発言したことにより、現在、うがい薬を買い占め、転売する動きが見られます。

うがい薬が新型コロナウイルス(COVID-19)に効果があるかは本記事では触れませんが、ポピドンヨードを成分とするうがい薬の転売は、以下のとおり、薬機法に違反するおそれがあります。

ポピドンヨードを成分とするうがい薬、例えば、イソジンうがい薬(ムンディファーマ株式会社)、明治うがい薬(株式会社明治)、ケンエーうがい薬(健栄製薬株式会社)などは、「第3類医薬品」とされています。

(これらの商品の外箱には「第3類医薬品」との記載がされています。)

薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)では、薬局を開設している者、または医薬品の販売業の許可を得た者でなければ、医薬品の販売等をしてはならないとされています(24条)。

これに違反すると、刑事罰の対象となり、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはこれら両方に処される可能性があります(84条1項9号)。

街中にある薬局やドラッグストアなどで、ポピドンヨードを主成分とするうがい薬を購入し、これをインターネットやフリマアプリなどで転売すると、上記のような薬機法に違反するおそれがあるので、注意してください。

(なお、メルカリなどでは、医薬品に該当する品の出品は禁止されており、これに違反すると取引キャンセルや商品削除、利用制限などのペナルティがあります。)

また、「医薬品」との表示がないうがい薬であっても、その商品の形状や名称、販売方法や宣伝の仕方によっては、「医薬品」とみなされ、それを販売(転売を含む)することによって、上記の薬機法に違反するおそれがあるので、この点でも注意が必要です。

【薬機法】 法律・判例の最新記事
アクセス
Access
弁護士法人ネクスパート法律事務所

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-22 キムラヤビル7階

TEL: 03-5357-1901 FAX:03-5357-1902

アクセス情報

JR・東京駅(八重洲地下街5番出口から徒歩5分)

銀座線・京橋駅(6番出口から徒歩30秒)

有楽町線・銀座一丁目駅(7番出口から徒歩4分)

都営浅草線・宝町駅(A5番出口から徒歩4分)

「こんな広告表現は許されるか?」「薬務課や保健所から連絡が来てしまった。」
その他ご質問等、お気軽にお問い合わせください。
リモートでのお問い合わせも歓迎しています。