相続問題お悩みなら経験豊富弁護士相談

メールでのご相談はこちら

代襲相続と遺留分|孫も遺留分を請求できる?甥や姪は遺留分なし?

本来相続人になるはずの子が、被相続人より先に死亡している場合、その相続人の子(被相続人の孫)が亡くなった相続人に代わって、相続分を引き継ぎます。 相続分を引き継いだ被相続人の孫は、遺言等により遺留分が侵害されていることを知った時、遺留分を侵害した人に対して、最低限の取り分を請求できるのでしょうか? この記事では、代襲相続と遺留分に関する基礎知識を解説します。 [contactAr...

遺産分割請求権とはどんな権利?時効はある?裁判上も行使できる?

遺産分割とは、亡くなった方の財産を共同相続人間で分けることです。 [kanren link="https://nexpert-law.com/souzoku/2458"] 相続人が1人であれば、遺産分割は不要ですが、相続人が2名以上いる場合は、有効な遺言がない限り、共同相続人間で遺産の分け方を決める必要があります。 共同相続人に対して、遺産分割を求めるには、具体的にどうすればよい...

兄弟姉妹に遺留分は認められない!少しでも財産を貰いたい場合は?

遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人に最低限保障される遺産の取り分です。 遺言により自己の遺留分が侵害されている場合は、遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求)を行うことで、相続財産の一定割合を取り戻せます。 しかし、遺留分が認められていない被相続人の兄弟姉妹は、遺言により他の相続人が遺産の全部を相続しても、何も主張できません。 被相続人の兄弟姉妹には、なぜ遺留分が認められていないので...

遺留分の請求方法、請求が認められるケース、注意点を解説

2019年7月1日以降に開始された相続において、遺贈や贈与によって遺留分を侵害された遺留分権利者は、受遺者や受贈者に対して遺留分侵害額に相当する金銭の支払いを請求できます。 2019年7月1日よりも前に相続が開始された場合は、遺留分減殺請求により遺留分侵害額に相当する遺産の返還を請求します。 遺留分侵害額請求・遺留分減殺請求の方法は特に定められていません。 では、遺留分は、具体的...

遺留分侵害額を請求したい・請求された|弁護士に依頼するメリットと費用

遺言や生前贈与により遺留分が侵害される場合には、侵害された遺留分に相当する金銭の支払いの請求(遺留分侵害額請求)ができます。 遺留分侵害額請求をする際には、弁護士に依頼することで、正当な金額をスムーズに回収できる可能性が高まります。 遺留分侵害額請求をされた場合も弁護士に依頼することで、払い過ぎを防ぎ、早期解決が見込まれる可能性があります。 この記事では、以下の点を解説します。 ...

遺留分とは?制度の概要・遺留分侵害額請求を解説

遺言や贈与があった場合、遺産として残る財産が減少し、残された遺族が遺産を受け取ることができなくなることがあります。 [kanren link="https://nexpert-law.com/souzoku/2041/"] 本来、自己の財産は自由に処分できますが、無制限に財産処分の自由を認めると、遺族の生活に支障をきたす場合が生じます。そこで、民法は、一定の相続人に対し相続財産の最低限...

相続の弁護士費用の相場は?費用負担者や払えない場合の対処法も解説

相続が発生すると、さまざまな手続きをしなければなりません。相続人が自ら行うには負担となることもあります。 相続に関する手続きを弁護士に依頼すると、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。弁護士費用は、誰が支払うのでしょうか? ここでは、相続の弁護士費用について、次のとおり解説します。 相続の弁護士費用(着手金・成功報酬・その他)の相場 相続の弁護士費用は誰が払う? ...

遺留分侵害額請求されたら?対処方法とチェックポイントを解説

遺留分とは、民法で定められている相続人(遺留分権利者)のために、法律で取得を保障されている相続財産の一定の割合のことです。 遺留分侵害額請求をされたらどうすればよいのでしょうか? この記事では、その対処方法とチェックポイントについてご案内します。 ※ 遺留分を請求する際の制度である遺留分減殺請求は、2019年7月の法律改正により遺留分侵害額請求と改称されました。 遺留分侵害額請求された場合...

相続で期限のある手続き・ない手続きを解説

相続手続きには、期限があるものとそうでないものがあります。 期限を過ぎてしまうと、税額軽減が使えなくなったり、延滞税が発生したりするので、できるだけ早めに手続きを進めましょう。 このコラムでは、期限のある相続手続きとない手続きについて解説します。   期限のある相続手続き 期限のある相続手続きをご紹介します。 相続放棄:3ヶ月以内 相続放棄とは、相続人が相続財産に対して有...

遺留分侵害額請求|その方法と詳細について解説

相続が開始された時、遺言書で不公平な相続分が指定されていた場合や、特定の人物だけに生前贈与で多額の金銭等が贈与されていた場合、不利益を被っている相続人はどうしたら良いでしょうか。   遺言者の遺志を尊重して不利益な状況を受け入れることも1つの方法ですが、法律で定められた分の相続を受けたいならば、「遺留分侵害額請求」という方法があります。   ここでは、「遺留分侵害額請求」と...

相続問題は弁護士に依頼することでトラブルなくスピーディーに解決できます。

実績豊富なネクスパートにお任せください!

メールでのご相談はこちら