弁護士 齋藤 菜摘(神奈川県弁護士会所属) – 採用情報

所属弁護士へのインタビュー

弁護士 齋藤 菜摘(神奈川県弁護士会所属)

弁護士のご紹介

弁護士 齋藤 菜摘
横浜オフィス所属弁護士

経歴:
横浜市生まれ
フェリス女学院高校 卒業
上智大学 法学部 卒業
慶應義塾大学大学院 法務研究科法務専攻 修了
都内法律事務所勤務を経て入所

所属:
神奈川県弁護士会

趣味:
旅行

弁護士を志した理由

大学は法学部でしたが、そのときは弁護士になろうとは思っていませんでした。法律の講義を受けてみると、結構身近であることが分かってきたんです。法律で困っている人もいるので、困った人を助ける仕事ができれば、やりがいがあるのかなと思い、弁護士を目指す気持ちになりました。

大学を卒業したあとは、法科大学院に進学しました。そのときは弁護士になることを考えていました。現在所属しているのは、弁護士法人ネクスパート法律事務所の横浜オフィスです。うちの事務所は主に一般民事を扱っている事務所で、私がやりたい方向性と一致していると思っています。

当事務所での業務内容

離婚、相続、債務整理、交通事故など、個人の依頼者の案件が中心です。個人のトラブルに関しては、多くの案件を経験しています。
家事事件は、依頼者の希望や要望は様々です。もちろん、依頼者の希望や要望にそって仕事をするのですが、法律家としてシビアな判断をしなくてはならないときもあります。
例えば、相手方に請求する慰謝料の金額は、相場というのがあります。しかし、日本の裁判所では認められない大きな金額を希望する方もおられます。そんなときは、きちんと説明して納得してもらうのも弁護士の大事な仕事と考えています。

弁護活動をするうえでポリシーとしていることは、まずは、困っている依頼者の気持ちを受け止めることです。ですが、依頼者の境遇に同情しているだけでは弁護士は務まりません。協議が不調で裁判になったとき、法律家として適切な判断をして、依頼者の利益になるように導かないといけないと考えています。
その一方で、交渉の相手側が拒否していることを強引に押しつけるのは、弁護士の仕事ではないと思います。依頼者に言われるままに無理な主張をしても、結果的には依頼者の利益にはならないことが多いのです。依頼者が本当に得することが何なのか、日ごろから考えるようにしています。
家事事件の難しいところは、すべてが法律だけでは解決できないことです。
例えば、子どもとの面会交流の請求もやっていますが、家庭裁判所だけでは解決できないこともあります。面会交流は、裁判所から認められても、相手に対して強制ができないのです。相手と交渉をする力も、非常に重要になってきます。
離婚や男女トラブルは、すごく大変な仕事だと思っていますが、それをどうやって解決に導くか、弁護士としての腕の見せ所だと思っています。

私の強みは、事件の処理を最後まで責任をもってやることだと思っています。家事事件では、依頼者から法律以外の伝言を頼まれることもあり、事件の解決に良い方向になることであれば相手方に伝えるようにしています。
あとは、依頼者から「話しやすい」と言われることがよくあります。また、「家事事件は、女性の弁護士がいい」という依頼者もいます。
当事務所の依頼者の方々は、インターネットから問い合わせをして来所する方が多く、相談を受けるときは初対面です。顔なじみの弁護士だと、“不貞”のことを話すのは恥ずかしいという方もいて、初対面の先生なら、プライバシーに深く関わることでも話がしやすいという方もいます。

印象に残っている案件

離婚や男女トラブルは、千差万別なので、1つ1つの事件がそれぞれ印象に残っています。だから、1つだけを挙げるのは難しいです。
離婚の場合、当事者の2人だけでは協議がまとまらず膠着状態になることがあります。「当事者だけでは話が進まないから、弁護士に依頼したい」という方も多いです。
交通事故では、「相手の保険会社とやり取りをしたくないから弁護士に依頼する」という方もいます。「保険会社が言っていることが法律上正しいのかを知りたい」という方もいます。交通事故の被害者は、保険会社からいろいろ言われて不安になりがちで、弁護士としては、依頼者とのコミュニケーションが重要になってくると思います。

趣味

趣味は、アジア圏の旅行です。自由行動付きの普通の旅行ですが、リフレッシュできるので好きです。景色や食べ物を楽しみに出かけます。
弁護士になってからは行く機会が減りましたが、大学のときは、長期でヨーロッパに行っていました。最近では、中国、韓国、香港などのアジアや、カンボジアのアンコールワットにも行きました。
そのほか、テレビドラマを見るのも趣味です。弁護士のドラマも見ます。ドラマでは、毎回訊問になりますが、現実とはちがうなとか思ったり、ドラマだと簡単に証拠が手に入るのでうらやましいなとか考えたりしています。

今後の方向性

現在扱っている分野を、これからもずっと続けていきたいと思っています。離婚や男女トラブルは、すごく大変な仕事ですが、逆にそれだけやりがいもあります。相続や交通事故の分野も、もっと増やしていきたいです。