弁護士 中西 亮介(兵庫弁護士会所属) – 採用情報

所属弁護士へのインタビュー

弁護士 中西 亮介(兵庫弁護士会所属)

弁護士のご紹介

弁護士 中西 亮介
神戸オフィス所属弁護士

経歴:
大阪府生まれ
同志社大学法学部 卒業
首都大学東京法科大学院 修了
最高裁判所司法研修所 修了

所属:
兵庫県弁護士会

趣味・日課:
バンド(ベース)

弁護士を志した理由

法学部に入った時は、まだ「弁護士」はそこまで意識はしていませんでした。しかし、法律を学んでいくうちに、民法が日常生活と密接に関係していることに興味を持ちました。民法によって、日常のトラブルはほとんど解決できるのです。そこに面白さを感じ、弁護士になろうと決めました。

ネクスパート法律事務所の前は大規模な事務所にいました。様々な案件を取り扱っていたので、幅広い経験が積めたことは感謝しています。しかし、大きいがゆえに、案件の一部しか関わらないことも多くありました。次第に、1つの案件を徹頭徹尾携わたりたいという想いが強くなり、ネクスパートの弁護士として働くことにしました。やはり依頼者様の立場から見ると、1人の弁護士がずっと窓口の方が安心すると思いますし、やり取りもしやすくなると思ったのです。

当事務所での業務内容

前の事務所のおかげで、大抵の案件は扱ったことがあります。男女問題、相続、債権回収、もちろん刑事事件も。さらに、交通事故、債務整理、発信者情報開示など、本当に幅広い知識・経験を積ませて頂きました。

その中で最も印象に残っている案件は、普段あまり取り扱っていないのですが、とある少年の刑事事件です。男子中学生が「窃盗」や「迷惑防止条例違反」などをしてしまいました。いわゆる〝中学生のわるさ〟です。未成年の弁護の場合は、法律的な弁護はもちろんですが、やはり「教育的弁護」も重要だと思っています。大人よりも社会のルールをわかっていませんから。親御さんや学校の先生とやり取りを重ねながら、教育的目線で、どのように彼を指導していけばいいか――というところまで踏み込んで弁護しました。関係した大人たちの意見を集約し、子供に伝えました。裁判官にも「教育的な目線」をアピールしました。

すると、子供は変わるものです。大人よりもずっと吸収力がありますから。少年の話し方はだんだんと変わりました。

始めは殻にこもっていて、粗雑な物言いが散見されました。子供は感受性が豊かなので、大人よりもストレスを感じやすいのです。少年は、この事件を起こしてしまったことによって、いろんな大人たちと話し合いを重ねなくてはいけない。それだけで相当なストレスになり、語気が荒くなるのは仕方がないことでした。

しかし、徐々に口ぶりが柔らかくかわっていき、最初は隠していたことも話してくれるようになりました。供述の内容が変わっていきました。やはり子供は咄嗟の嘘をつく場面が多いです。また、自分なりの偏った解釈でわかったふりをして、変な供述をしてしまうこともあります。

私は「子供と話す工夫」を意識しました。法律用語は難しいので、大人にさえ、かなり噛み砕いて説明しますが、子供相手には、さらに細かく簡単な言い回しにしなければなりませんでした。時間はかかりましたが、子供特有の「わかったふり」「勝手な解釈」を解くためには、どうしても必要なプロセスでした。

「ありがとう」という感謝の言葉をいただく時、やりがいを感じます。「先生のおかげで」という言葉にも救われます。また、以前担当させていただいた依頼者様のお知り合いで、困っている方をご紹介して頂けることもあります。これも信頼の証ですので、とても嬉しいです。

趣味・日課

趣味でバンドをやっています。ベースを担当しています。高校生の時からバンド活動を行っており、休日のライブ活動をずっと続けてきました。ライブの開催は、年月とともに回数が少なくなってきたものの、今でも、バンドメンバーとのレンタルスタジオでの練習はよくやっています。ある時、弊所の事務担当職員が、たまたまドラムができることが判明し、今ではすっかりバンドメンバーの一員になりました。そして、バンドメンバーには、他の弁護士もいます。

バンドでは、アーティストの楽曲のコピーもしますが、オリジナル曲も演奏します。音楽鑑賞では、最近、学生時代に好きだった曲を聴いていることが多いです。好きなバンドは「マッドヴェイン」です。アメリカのハードロック(ヘヴィメタル)バンドですね。プレイヤーですと、ベーシストの「マーカス・ミラー」をリスペクトしています。世界一上手いと言われているベーシストです。彼の曲もたくさん聴きます。

バンド以外では、お酒を飲むことでしょうか。神戸は魚と日本酒の街で、酒の肴が充実しているので、とても気に入っています。

弁護士としての心がけ

相手の立場を考えることです。同じ目線で考えることを強く意識しています。そのためには、きちんと話を聞いて、「依頼者様がどんな価値観で案件に接しているのか」を理解しようと努めています。

例えば、不貞の慰謝料請求の場合、依頼者様は「100~200万円を慰謝料としてほしい」というお金を優先する価値観を持っているのか、あるいは「とにかく絶対に相手に会いたくない。そして一刻も早く案件を終わらせて、できるだけすぐに忘れたい」というスピードを優先する価値観を持っているのか、あるいは逆に「直接会いたい。お金は要らないから、相手に直接会って話がしたい」という直接話すことを優先する価値観を持っているのか、などがあります。

その「価値観」は、依頼者様ご自身でも明確に自覚できていないことも多くあります。依頼者様と私で「価値観の重きをどこに置くか」を定めていくことが重要だと考えています。

また、争う相手方の気持ちも考えることも強く意識しています。相手が「こういう狙いを見据えて進めてきている」ということが想像できれば、それに対抗する戦略をこちらで用意することができます。過去の経験や判例、そして事務所の他の弁護士にも相談しつつ、対策を練ります。

自分の弁護士としての強みは、「マイナス面を補える力」だと思います。紛争というのは、「強み」よりも「弱み」の扱いがポイントです。強みは、双方がただ主張し続ければいいので、扱いやすいです。しかし、「弱み」は違います。いかに相手の弱みに切り込んでいくかは分かると思いますが、「自分の弱み」をいかに防御して補っていくか、という側面があります。その「補う」が非常にポイントとなります。

依頼者様は、自分が不利な情報は、味方である弁護士にも話したがらないです。でも、絶対に話した方がいいのです。なぜなら、事前に教えてくれたマイナス面は、防御策を講じて臨むことができる。しかし、事前に知らないマイナス面は、防御しにくい――というわかりやすい理屈があります。

私はこの件で苦い経験があります。ある不貞の案件で、女性側の弁護を担当していました。証人尋問になり、突如、相手方から、女性が不貞をしていた証拠となる明白なLINEのやり取りを突き付けられたのです。もちろん、その場での防御策は講じましたが、やはり事前に準備している防御策よりも効果は薄かったです。クライアントの女性からは「そういったLINEのやり取りは無い」と一貫して聞いていましたので、寝耳に水でした。裁判で嘘をついていたことがバレると、裁判官の心象もかなり悪くなってしまいます。

私が事前に知っていたら、間違いなくダメージを減らすことができました。例えば、確かに不貞の事実はあったけれども、「このようなやむを得ない事情があった」などと情状酌量の余地を裁判官にアピールする準備を整えて、この訴訟に臨めたのです。

この苦い経験から学んだ私は、今では絶対にマイナス面を事前に知るように尽力しています。そのためには、まず、話の雰囲気作りです。敷居を低く、固すぎない雰囲気を作り、依頼者様が何でも安心して吐露できる環境作りを意識しています。安心しなければ、自分の弱みなど絶対に話してはくれませんので。

また、例えば「不貞の証拠となるLINEのやり取りは無いですよね?」と詰問しても、十中八九、「無い」としか答えてくれません。そういう風に問い詰めるのではなく、私は、未来の展開を全て説明するようにしています。

例えば、こんな感じです――。
「もし、不貞の証拠となるLINEのやり取りがある場合」は、このような対策を講じ、このような方向に持っていこうと思っています。その結果、このような結果になる場合と、このような結果になる場合があります。

ちなみに、「もし、不貞の証拠となるLINEのやり取りがあるのに、それを隠して臨み、相手からそのやり取りを突き付けられた場合」は、このような展開となり、このような不利が生じます。その結果、このような悪い結果になる場合と、このようなもっと悪い結果になる場合があります。

だから、そのようなやり取りがある場合は、事前に教えてくださいね。

――という具合ですね。依頼者様がどういう情報を教えてくれると、どういうプロセスを経て、どういう結果がもたらされるのか。これを懇切丁寧に説明すれば、依頼者様はその情報を言うべきか言わぬべきかは判断できます。もちろん、言った方が良いのです。全てを包み隠さずに、弁護士へお伝えいただくことが、最も強力な幸せへの道しるべです。

今後の方向性

繰り返しになりますが、相手の価値観や立場を考えた対応の質を高めることです。全てはそこから始まるので、根幹だと思います。

次に、神戸は車社会なので、交通事故が多く、この案件の質は特に高めていきたいです。交通事故案件は弁護士にも医学的知識を求められるので、勉強し甲斐があり、弁護士によって結果に幅が出やすい案件です。また、高齢化により相続案件は増えていますので、合わせて知識を深めていきたいと思います。

事務所の立場から言いますと、費用の大きな調整が可能な事務所であります。金銭的な部分で不安がある方も、ぜひ、我々にご相談下さいませ。費用面はうまく調整していきます。こちらも相手の立場を考えての施策です。クライアントファーストである弁護士法人ネクスパート法律事務所・神戸オフィスの中西亮介を、今後とも何卒よろしくお願いします。

インタビューの元記事はこちら