不倫で訴えられたらどうなる?示談から裁判で解決するまでの流れ

不倫が発覚すると配偶者や不倫相手に対して慰謝料請求を求める方がいます。つまり、逆の視点で言えば慰謝料請求をされる、訴訟されてしまう人も多いのです。内容証明や訴状が届き、初めて事の重大さに気付く人もいるでしょう。

では、不倫相手の配偶者から訴えられてしまった場合には、一体どのように対処すれば良いでしょうか。この記事では、「不倫で訴えられた後の流れ」について不倫をしてしまった方向けに詳しく解説します。

不倫で訴えられたら裁判で慰謝料が決まる

配偶者同士の不倫であるW不倫や、既婚者と知りながら未婚の方が逢瀬を重ねてしまうなど、不倫にはいろんな形があります。しかし、相手が既婚者であると知りながら肉体関係を重ねてしまったら不倫相手の配偶者から訴えられる可能性があります。しかし、以下のようなケースでは訴えられても慰謝料請求には至らないケースが多いでしょう。

【慰謝料請求には至らない可能性がある例】
・相手から無理やり性交渉を迫られた
・既婚者とは知らず、結婚の約束もしていた
・友人関係に過ぎない
・デートはしたが肉体関係はない
・すでに夫婦関係が破綻している

しかし、肉体関係があり既婚者であることも知っていたら慰謝料は発生します。慰謝料請求については、ある日突然「内容証明郵便」の到着によって知る場合もあれば、裁判所から「訴状」が届いて請求される場合もあります。

訴状が届いたなら、すでに相手が不倫に関する慰謝料を求めて裁判所に訴えた証拠です。裁判になった場合は、支払われる慰謝料の金額は裁判官に判断を仰ぐことになります。

不倫裁判とは|不貞行為で裁判になるケースと負けた場合

不倫で訴えられた後の流れ

不倫が露見したことによって訴訟に至った場合には、どのような流れで裁判は進行していくのでしょうか。詳しい流れは下記のとおりです。

訴状が届く

訴訟のスタートは「訴状が届く」ところから始まります。訴状は相手の家や弁護士からではなく裁判所から自宅に届きます。中には「口頭弁論期日呼出状兼答弁書催告状」と書かれている書面が入っており、第1回目の裁判所への呼び出し(以下・期日)について詳細が書かれています。

訴えられた内容に関しての答弁書(訴えられた被告の意見を伺う書面)への回答も求められています。訴状が自宅に届いたことをきっかけに家庭内で不倫が露見することも多いでご注意ください。

答弁書を提出する

第1回目の期日より前に答弁書の提出を行います。答弁書は難しいものではなく、請求された内容を求めるか否かなどを記載して裁判所へ提出します。答弁書も出さず期日も行かずに過ごしてしまうと、訴えられた内容を認めることになってしまいます。

すぐに慰謝料請求が確定してしまうので、必ず答弁書に対応しましょう。なお、第1回目の期日は答弁書の提出によって欠席することが可能です。それ以降は裁判所と出廷日時を調整し、出向く必要が生じます。

期日に裁判所へ出廷する

第1回目は答弁書によって欠席もできますが、それ以降の期日は出廷する必要があります。裁判所へ出廷する前には、原告・被告ともに準備書面や証拠などを提出し、期日には双方から提出された内容に沿って審理が進められていきます。

不倫を否定する場合には、その証拠を提出します。不倫は認めても相手方の主張に誤りがある場合には反論を重ねていく必要もあります。

和解案の提案

期日を通して審理を重ねたら、裁判所からは和解を進められることがあります。一般的に不倫による慰謝料請求は和解で終わるケースが多くなっています。裁判所から和解案を提案されるので、妥当であると納得すれば双方が和解を受け入れることで裁判が終了します。どちらかが拒否をすれば判決を待ちます。

判決

和解案で双方が合意できなかった場合には判決を待ちます。裁判所が妥当な金額を決め、判決で決定します。不服がある場合には高等裁判所へ控訴することもできます。控訴は原告・被告のいずれからでも可能です。

判決に対する上訴ー控訴と上告 – 裁判所

不倫で相手から「訴える」と言われた時の対処法

もしもいきなり訴状が届くのではなく、不倫相手の配偶者から電話やメールがあったり内容証明郵便などで「訴える」ことを予告されたりしている状態なら、一体どのように対処すべきでしょうか。以下3つのポイントで解説します。

なるべく示談で解決する

不倫相手の配偶者(もしくはその代理人)から接触があった場合、訴訟に至る前に解決をすることが望ましいです。訴訟に至ると和解案や判決に至るまでに時間を要します。

当事者間で話し合う機会を持ち、慰謝料の金額を探り早期の解決を目指しましょう。しかし、肉体関係のない不倫や誤解を受けている場合には無理に示談をするのではなく、次の方法をご検討ください。

弁護士に相談する

不倫相手の配偶者によってはすでに弁護士に相談をし、弁護士が対応をしている場合があります。相手は法律のプロであり、示談交渉も有利に進めてくる可能性が高いでしょう。

不倫の解決を穏便に済ませるためには、不倫をしてしまった方も弁護士に相談をすることがおすすめです。あまりに高額の慰謝料を請求されている場合には、適正な金額になるように弁護士が交渉を行います。また、連絡窓口も弁護士に代わるため心理的な負担も減らすことができます。

不倫で慰謝料を請求された時の無料相談先や弁護士費用の相場

訴状や内容証明が届いたら無視はNG

不倫相手の配偶者に事が露見し、連絡が来ることは大変なストレスでしょう。怖くて逃げたい、という心理に陥ることも想像できます。しかし、訴状や内容証明郵便が届いた以上、解決に向けて行動を起こす必要があります。

無視をしてしまうと誠意が無いとみなされ、より不利な状況に陥ります。内容証明から訴訟に移行することも多いので、まずは連絡が来た段階で迅速に対応することが大切です。先にも触れましたが訴状を無視してしまうと、不貞行為を認めたことになり慰謝料を支払う必要があります。無視は決してしないように注意しましょう。

不貞行為で内容証明が届いたら?対処法と無視してはいけない理由

不倫で訴えられた時に弁護士に相談するメリット

当事者間でなるべく穏便に済ませたい、と考えても交渉が難航しうまく解決にたどり着かない場合があります。そんな時は弁護士に相談してみましょう。不倫をしてしまった方が弁護士に相談をするメリットは以下の3つです。

的確な主張ができる

相手からの請求内容を確認したら、反論をしたい方もおられるでしょう。弁護士に依頼をすると、ご自身に代わって弁護士が的確な主張を行ってくれます。

示談交渉の場面や訴訟においても弁護士が冷静に、論理的に主張を行ってくれるので安心です。また、当事者間よりも弁護士が介入した方が実務的なやり取りを重ねていくため、早期に解決できるケースが多くなっています。

裁判にかかる負担が減る

裁判になってしまった場合には、答弁書の提出や出廷、証拠の作成など非常に時間と労力を割く必要があります。相手方に弁護士がいる場合には、専門知識に裏付けされた形の書面が提出され、相手にとって有利な状態で裁判が進行してしまいます。

弁護士に依頼をすると裁判にかかる手間は全て弁護士が行います。出廷も代理人として弁護士が行ってくれるので裁判期日のために時間を割かなくてもよくなるのです。

心理的負担が減る

不倫をしてしまった、あるいは疑われている状況で不倫相手の配偶者やその弁護士と一人で対峙することは大変なストレスです。弁護士がサポートすることで、一人で問題解決に向けて対応する必要はなくなり、心理的負担も減ります。

相手方からの連絡や裁判所からの連絡も全て代理人である弁護士が行ってくれるため、怯えて生活をする必要がなくなるのです。

不貞行為した側の弁護士費用相場と依頼するメリット

まとめ

この記事では不倫で訴えられた場合の対処法について詳しく解説を行いました。示談交渉や訴訟は、ご自身一人で対応するよりも弁護士にご依頼いただくことがおすすめです。弁護士が法的根拠に基づいて主張をしっかりと行うことで、慰謝料の減額や訴えの取り下げができる可能性もあります。不倫に関するお悩みは、お気軽に弁護士にご相談ください。

検索

最近の記事

ご相談は無料です。
まずはお気軽にご相談ください。
  • 相談無料
  • 相手に合わせなくてOK
  • 全国対応
0120-82-1010
平日9:00-21:00 対応
メールにて
24時間受付中
PAGE TOP