彼氏が既婚者だと知らなかった場合の不倫|慰謝料相場や証拠の例

お付き合いをした男性が実は既婚者だったことが発覚したらどのように対応すれば良いのでしょうか。交際相手は独身だと思うのが普通であり、まさか相手が既婚者だと考える人はそういないはずです。

しかし、彼氏が既婚者であることを知らずに交際を続けた結果、彼氏の奥さんから慰謝料を請求されたというケースは実際にあります。その場合、慰謝料は支払わなければいけないのでしょうか。今回は、彼氏が既婚者だと知らなかった女性が、自分が不倫相手だったと気づいたときに取るべき対応についてご紹介します。
[cc id=1470]

彼氏が既婚者だと知らなかった…訴えることはできる?

彼氏が既婚者だと知らずに肉体関係を持った場合、貞操権の侵害で慰謝料を請求できる可能性があります。貞操権とは、性的関係を持つ相手を誰からも不当に干渉を受けず、自分の意思で決める権利のことを言います。

女性が性的純潔を保持するために、強姦などの、意志に反する違法の侵害に対して、それを許さない権利。

引用元:貞操権とは – コトバンク

仮に相手が既婚者だと知っていたら性的関係を結ばなかったはずです。既婚者だと知らせずに行為に及んだ男性は、相手の女性に対し貞操権を侵害していることになります。

そこで、貞操権を侵害されたとして慰謝料を請求する訴えを起こすことができます。また、貞操権の侵害で男性を訴える場合、既婚者だと知らなかったことを証明する必要があり、後述する証拠集めが慰謝料を決定する重要なポイントとなります。

貞操権の侵害とは|慰謝料の相場と成立要件

既婚者だった彼氏に請求できる慰謝料の相場

民法709条では、以下のように定められています。

第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

引用元:民法第709条 – Wikibooks

貞操権の侵害も故意に相手女性の貞操権を侵害しているとされ、男性に対して慰謝料を請求できるのです。慰謝料の相場はだいたい数十万~200万円程度で、不倫関係にあった期間や男性側の交際に対する真剣度などを考慮して金額が決まります。

男性が結婚に向けて具体的な行動があったり、女性が妊娠・中絶をしていたりすると女性側が受けた精神的苦痛がより大きかったとされ、慰謝料も高額になる傾向があります。

不倫(不貞行為)の慰謝料相場と過去の判例

既婚者だと知らなかったのに不倫で慰謝料を請求されたら

彼氏が既婚者だと知らずに交際を続けた結果、彼氏の妻から慰謝料を請求されたときに取るべき対応をご紹介します。(関連:浮気相手の奥さんから慰謝料請求された場合の対処法

故意、過失がないために慰謝料の支払い義務はない

民法709条では故意・過失によって不法行為があった場合に損害賠償を支払う責務があると規定していますが、反対に故意または過失がなければ慰謝料を支払う必要はありません。つまり、既婚者だと知らなかったことに関して故意・過失がなければ慰謝料を支払う義務はないのです。

ここでいう故意は「彼氏が既婚者だと知っていたこと」であり、通常の不倫がこれに該当しますが、彼氏が独身だと思っていた場合は該当しません。また、過失は「彼氏が既婚者だとわかる状況があったのに交際を続けた」ことがこれにあたります。

そのため、慰謝料を請求した彼氏の妻に対し、彼氏が既婚者だったことを知らなかったことについて故意・過失がなく、自分には慰謝料の支払い義務がないことを主張していくことになります。

不倫の慰謝料請求を拒否・減額できるケースとは

既婚者だと知らなかった証拠を用意する

既婚者だと知らなかったことを証明できる証拠を用意します。詳しくは後述しますが、例として婚約指輪の購入やハネムーンの予約など、既婚者には通常は関係なく、かつ結婚を前提にした交際であることが客観的に見てもわかる行動があればひとつの証拠になります。

また、マッチングアプリなどで出会った場合は、相手のプロフィール欄に「独身」だと記載があれば、それも証拠になるためスクリーンショットなどを撮っておきましょう。

自分で対処するのが難しい場合は弁護士に相談

独身だと思っていた彼氏が実は既婚者で、奥さんから突然慰謝料を請求された女性が慌てるのも無理はありません。自分で対処しようにも、感情的になっている奥さんと慰謝料や今後について話し合うのは大きな負担になるでしょう。そこで、自分で主張していくのが難しいと感じたら弁護士に相談しましょう。

弁護士は依頼者に代わって相手と交渉をするので、依頼者が相手の奥さんと直接話し合いをする必要がなくなり、精神的な負担が大きく軽減されます。また、交渉事に慣れている弁護士なら感情的にならず、冷静に相手と交渉できます。

なお、慰謝料を請求している時点で彼氏の奥さんも弁護士に相談している可能性が高いため、法律に詳しくない人が対等に交渉するのが難しいかもしれません。いずれにしても弁護士に解決を任せた方が解決がスムーズになります。

不倫で慰謝料を請求された時の無料相談先や弁護士費用の相場

既婚者だと知らなかったことを証明する証拠の例

彼氏が既婚者で、自分には故意・過失がなかったことを証明するための証拠の例をご紹介します。

マッチングアプリのプロフィール

マッチングアプリは未婚者が利用するものであり、既婚者は不倫目的でない限り利用することはありません。既婚者なのにマッチングアプリを利用するということは、自ら独身と偽って未婚者と不倫しようとする意図があると考えられます。

彼氏とマッチングアプリで知り合った方は、アプリ内で見つけた彼氏のプロフィールや交際を始めるまでのやり取りがわかるスクリーンショットを残しておきましょう。

メールやLINEの履歴

メールやLINEは文字として記録に残るので有力な証拠になります。彼氏が独身だと嘘をついていたことがわかるようなやり取りがないか、履歴をたどると良いでしょう。例として

  • 「結婚を前提に交際したい」と告白された
  • 結婚歴があるものの「嫁とはもう別れた」など、すでに離婚したことをほのめかす内容

などがあります。

結婚をほのめかす行動や言動

彼氏が独身だと信じて疑わず、客観的に見ても「この2人は将来結婚する」と思うような行動や言動も証拠になります。

  • 結婚式場の見学に行った
  • 結婚式場やハネムーンの予約をした
  • 婚約指輪を買った
  • 親に結婚の挨拶に行った

こうした行動があったことがわかる写真や第三者の証言があれば証拠になります。

彼氏が既婚者だったことが発覚しその後も交際を続けた場合

先述したように、彼氏が既婚者だと知らなかった場合は慰謝料を支払う必要はありません。ところが、「もしかすると彼氏は既婚者ではないか」と気づかされる状況があった場合はどうなるのでしょうか。

彼氏が既婚者ではないかと疑う要素はいろいろあります。交際相手なのに毎週土日は会えず平日夜しか会えない、左手薬指に指輪をしていたのに気づかないふりをしたなどが代表的な例です。

このような明らかに既婚者であるとわかる情報があったにも関わらず、その後も交際を続けた場合、貞操権の侵害にはならず奥さんから慰謝料を請求されたときに支払わざるを得なくなる可能性があります。

彼氏が既婚者ではないかと少しでも疑った場合は本人に確認し、既婚者とわかった時点で交際を終了するのがベストの選択肢です。

まとめ

彼氏が既婚者で自分が不倫相手だった時の対応についてご紹介しました。実務では、相手が既婚者だと知らなかったことについて立証するのは難しいのが現実です。妻側としては「知らなかったと嘘をついているのでは」と疑う人も少なくないためです。

とはいえ、こちらは独身同士の健全なお付き合いのつもりが、実は彼氏は既婚者で自分が不倫相手だったとわかった時の精神的苦痛も相当なものではないでしょうか。繰り返しになりますが、彼氏が既婚者で法的なトラブルに巻き込まれる恐れがある場合は、慰謝料問題に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

検索

最近の記事

ご相談は無料です。
まずはお気軽にご相談ください。
  • 相談無料
  • 相手に合わせなくてOK
  • 全国対応
0120-82-1010
平日9:00-21:00 対応
メールにて
24時間受付中
PAGE TOP