内縁関係継続中に不貞行為をした場合、500万円を支払う旨の合意があったことを認め、500万円の損害買収請求権を有すると認定した事例

不二子が内縁関係にあった不二夫において不貞行為に及んだ場合は不二夫が不二子に対して慰謝料として700万円支払う旨の合意をし、その後不二夫が不貞行為に及んだと主張して不二夫に対し、合意に基づき慰謝料の支払いを求めた事案である。

合意の成否及び効力について、誓約書の成立の真正について当事者間に争いはなく、不二夫は誓約書記載の内容の意思表示を行ったものと認められ、不二夫が不貞行為を行うことを停止条件として不二子に500万円を支払う旨の合意が成立したと認められ、合意が成立した後の不二夫らの内縁関係継続中に不二夫は不貞行為に及んでいるため、不二子は不二夫に対し、合意に基づき500万円の損害賠償金請求権を有する。700万円のうち200万円については、不二子の長女に支払う記載であり、不二子への支払いを約したものではないと解されるため、200万円の部分は理由がないとされた。

当事者の情報

不貞期間約5ヶ月
請求額700万円
認容額500万円
子供人数1人(不二子の連れ子)
婚姻関係破綻の有無

関連事例

  1. 不貞関係によって婚姻関係が破綻し、強い精神的苦痛を受けたもの…

  2. 不貞行為があったとは認められず請求棄却となった事例

  3. 裁判に出頭せず、答弁書その他の準備書面を提出しないため自白し…

  4. 明らかな不貞行為は2泊のみとされ、また夫婦関係も円満であるこ…

  5. 婚姻期間22年と安定した婚姻関係を築いていたが、不貞行為によ…

  6. 婚姻関係が不貞開始時からすでに良くない状況で、慰謝料90万円…

検索

最近の記事

ご相談は無料です。
まずはお気軽にご相談ください。
  • 相談無料
  • 相手に合わせなくてOK
  • 全国対応
0120-82-1010
平日9:00-21:00 対応
メールにて
24時間受付中
PAGE TOP